空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2015.03.30  卒業式

おめでとうございます!!! おめでとうございます!!!
今年も桜が綺麗に咲く時期に卒業式を迎えました。

今年度の卒業生は、
学位を授与された椎葉さん、藤田さん
修士の高田さん
学士の加藤将也くん、加藤楓さん、川井田くん、そして川崎さんです。
ご卒業おめでとうございます!!

今年は、加藤楓さんと川井田くんは就職、加藤将也くんは海岸の研究室へ、川崎さんは小林研です。
藤田さんは研究員として残ります。
これからはそれぞれの道に進みますが、心から応援しております。

来年度からはまた人が少ないですが、4月から皆で助け合って研究して行きたいと思います。

from ウイナー comment(0)


2015.03.30  謝恩会

ご卒業おめでとうございます!! ご卒業おめでとうございます!!
卒業式後に謝恩会がホテルキャッスルで開催されました。

お世話になった方々へ感謝をする謝恩会。
小林研の卒業生は小林先生、秘書の中島さんへの花束贈呈をおこないました。
また毎年恒例の小林先生へのプレゼントはワイングラスでした。
その後は先生方や友人、先輩後輩と談笑したり写真をとったり
各々楽しい時間を過ごすことができました。

今年の謝恩会は小林研が幹事で、準備から当日までばたばたでしたが
無事に開催することができほっと一息です。
このような大きな会の幹事に携わることができたことをいい経験に
それぞれの道でこの経験を活かし精進していきましょう。


from 川崎仁美 comment(0)


2015.03.22  空が広い。けど、

有名なケヤキ通りを歩く。
空が広い、
歩道も悪くはない。けど、



この町の、大通りを歩いていて、
ふと、モントリオールを思い出した。
道は広く、よく整備されている。けど、

パリやロンドンにある、
不便さや狭さがもらたす心地よさがない。
薄汚れた教会も変に曲がった道路もない。

空は同じように、青空が広がっても、
スカイラインに、見え隠れする、
歴史や暮らし見えない。

勿論、戦災医復興都市である以上、
無いものねだりをしてもしょうがない。

この町は今度の災害に対しても
力強く復興するだろうという
強い意思のようなものを感じた。
けど、




from ponts comment(0)


2015.03.21  北上川河口

現地調査の一環で、
珍しいものや、
気になっていたものを見た。



BRTというものがあるとは聞いていた。
実際に、バスを見ることはできなかった。
しかし、バス停を眺め、トイレを借り、
地域の交通インフラは
こういう変身もあるのだろうと思った。
市電の軌道がバス専用路線に変わったのを何度か見た。


もう一つは、北上川周辺。
富士川との位置関係。
新北上大橋と「三角地帯」の高さの関係。
書道教室のあった場所、・・・
郵便局の跡、そして、校庭と裏山の接続。


見なければ、わからないことは、確かにある。
ほんの数分でも、山のように確認できる。

「ご冥福をお祈りします」以外の言葉を思いつかなかった。



from ponts comment(0)


2015.03.20  石積みの運河

この際、近場で見ておきたいモノが
いくつかある。
石井閘門もその一つ。


石積みが特徴的だ。
ただし、地震のためだろうか、
かなりずれている所もある。

ここも、文化財を守りために
新しい堤防ができるらしい。
文化財とは関係ないが、
それなりに、周辺に配慮したデザインが望まれる。

百年後に、「ひどい堤防ね!」といわれたくはないしね。




from ponts comment(0)


2015.03.19  北上でなく、白川で!

「曽木」の講演は、
先週の札幌と同じ。
さらに、「緑の区間」も


30分前に、急に、曽木より、白川を話すべきだと思った。
急いで、データを探し、何とか、話す。

北上の皆さん、模型は遠巻きに見るものではないです。
「脳みそが汗をかき、手が考える」ことが大事。


所長はすぐに、「修景はあとでもできる」といいますが、
初めから、使い勝手を考えておかないと、
決して良いものはできません。


是非、熊本で川のデザインを、語り合いましょう。

from ponts comment(0)


2015.03.18  目指せ、石巻

頑張れ、北上 頑張れ、北上
なんか、熊本とは違う感じの新幹線
色んな名前が入り乱れ、
どれに乗れば良いのか、心配


長野から仙台はどう行けばいいのか。
わかりますか。知ってる人には常識でも、
わたしは、なるほどと感心しきり。

またしても、仙台駅で、
北上の所長に拉致され、一気に石巻へ。
私は、はじめて来たことを知ると、
港周辺を案内してくれました。

改めて、津波の力に唖然とした。
何度もTVで見ていたが、他人事だ。
この場で、まさしく、立面として
空間を感じ取れば、この世のモノとは
思えないことが起こったのだと実感するし、
復興ということの困難さを思い知らされた。


島谷さんが、この事務所の堤防建設の委員会委員長とか。
「曽木分水路を見てきなさいと」言ったとか。
今日はCIMの意見交換をしたかったのだが、
移動中の車の中で、細部の詰めが全くできていないことを知った。


「緑の区間」の事例が役立つのではないかと思った。
CIM講演(曽木)を45分に切り上げ、白川について話す。
その後の、懇親会は盛り上がった。

職員何人かで、春先に、白川の現地見学をすることが、
所長に了解された。きっと、良いものができるはずだ。




from ponts comment(0)


2015.03.17  長野は快晴

長野にやってきた。
産学官CIM現場見学。
2,3人で意見交換のはずが。..




大挙して、見学者が来た。
これなら、東京でやればいい話だ。
現場の人たちを激励し、
胸襟を開いて話したかった。


人が多い会議の問題は、皆一通り話すから、
どうでも良いことで、時間がつぶれていく。
「そんなことは、皆知ってるから」
と言いたくなるときが、ある。

さて、この日、5時に起きた。会議の前に、善光寺詣で。
最近歩くと、電線地中化が気になる。
門前通りは、きちんと整理されている。
なかなか、良い感じだ。
柵なんか、なくて良いのですね。

帰りに、別のみちをとおる。
古い町なので、狭いところは、
電線が蜘蛛の巣のように。..
そんな一日でした。


from ponts comment(0)


2015.03.15  宮崎は春!

明日はどこに行くのかな? 明日はどこに行くのかな?
増山に拉致され、宮崎へ向かう。
1時から、小戸之橋関連。
3時から、津屋原沼(タンポリ)。


楽しいことばかりやっている。
小戸之橋は、人の輪が,確実に広がっている。
皆が、7年後の橋の完成を
心待ちにしてくれるとうれしい。



from ponts comment(0)


2015.03.13  危うくセーフ!

落差が面白い。 落差が面白い。
ホテルで朝刊を読む。
2年前、5時間、羽田で
飛行機の中にいた。



悪夢が蘇る。
熊本から電話やメール。
明日学校で、仕事ちゃんとできますか。
そんなのANAに聞くか、
千歳空港に照会すればいいだろう!!

と、いってみても始まらない。
まずは、早めに、空港に向かう。
昨日降っていた雪は上がって、
途中の駅は、見事の雪景色に戻っていた。

写真を撮りたかったが、なにせ、
満員で、私は立っている。

・・・・
早く着きすぎた。空港の風呂に入るか悩むが、
やめることにした。20年くらい前の記憶しかないのだが、
立派な空港だ。福岡とは格段の差がある。

で、唖然とした写真を一枚。
「雪ミク」と書いてある。
この前で、若い女の子はみんな写真を撮っていた。

中国語やタイ語が混じっているが、
「かわいい」は国際語なのだろうか。
そこだけは、聞き取れた。

これか可愛い?





from ponts comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事