空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2015.02.06  卒論提出完了!!

笑顔で提出!! 笑顔で提出!!
本日、4年生4人が無事に卒業論文を提出しました。

今年は、例年のような直前のドタバタもなく、4人ともかなり余裕をもって提出したため、事務の出田さんも驚いていらっしゃいました。

4人にとっては、人生初の論文ということで、それぞれ提出後の達成感は一入だったと思います。

最終発表までは気が抜けませんが、ひとまず皆さんお疲れ様でした!!



from 高田 哲聖 comment(0)


2015.02.06  学位論文公聴会

本日、学位論文の公聴会がおこなわれ、
小林研の藤田陽一さん、椎葉祐士さんの
二名が発表されました。

タイトルはそれぞれ

藤田「点群データへの属性付与と道路空間の建設ライフサイクルでの利用に関する研究」

椎葉「施工段階における地形および属性情報の共有と活用に関する研究」

となっています。

お二人とも堂々と発表され、これまでの研究成果を
十分に発揮できたのではないでしょうか。
長時間の発表、お疲れ様でした。

from 加藤楓 comment(0)


2015.02.03  修士論文が提出されました.

集大成! 集大成!
春の初め,立春.
2月3日 14時58分.

提出期限2分前,
修論提出が完了しました!

最後はひやりとしましたが,
無事提出できて良かったですね.

連日連夜の徹夜で疲労困憊の高田君.
(髭も髪も乱れてます.)

残すは最終発表のみ.
2月10日の発表まで,もうひと踏ん張りしましょう!





from 藤田 陽一 comment(0)


2015.01.30  iPhone 再生

昨日は大変な一日でした。
本省の会議を終え、
銀座のApple storeを目指す。


毎回、祈りながら電源を入れる。
不思議なことに、今日はまだ動いている。
ということは、電話が繋がる。

会議中に、鳴った電話は、
どうやらコイツらしい。
変なときだけ、元気だ。

親切な緒方が、銀座の地図と、
有楽町の映画館への道筋を
教えてくれる。竹本さんには、
銀座まで案内してもらった。
みんな会議にいたのですね。
ありがとう。

さて、銀座を歩き始めたら、
中島から電話。品川のauショップ
に向かえとの指示。

意味分かりますか。
1)購入後1週間以内であれば、auで取り替え。
2)その後は、Apple storeとのこと。
3)しかも、熊本の場合は、嘉島のイオンモールへ行くしかないらしい。

ということで、『東京にiPhone 交換』に来たというわけだ。
反転し、品川を目指す。東口のイーストタワー2F。

品川は結構詳しいが、東口はない(はず)。
港南口と高輪口しか知らない。iPhoneで探す。
動いている。ショップに着いても、動いていると
交換してくれるのか、急に、心配になる。

まあ、、いろいろあって、ようやくついた。
1時間半、マスクしたお兄さんと向き合い、
交換要求。大変でした。

「データ移しておいてください」
『当店は、交換のみです』

「古い方ももらえるんですよね」
『ですから、交換だけいたします』

「ということは、電話帳とか写真とかは?」
『iクラウドから持ってくればいいです』

「やってもらえる」
『アップルIDをご存じなのはお客様ですから・・』

「この場で、私がやれば、いいということですね」
『はい。その前に、手続きをいたします。携帯の番号をお書き下さい』

「自分に電話かける必要ないから、わかるかな・・・」

彼は、少しづつ、私のことが分かりはじめた。
『そこを開いて、ここを押せば出てきます』
「なるほど、これですか」

学生とたいして違わない若者だ。
おまえがやってくれれば、すぐ済むのに、
といいたいが我慢する。

いよいよ、試練の始まりだ。
この時点でわかったこと。
1)個人情報なので、「お客様」がデータを移すしかない
2)彼のヒントによれば、アップルIDはアプリを落とすときに使った奴で、Gmailのパスワードとは全く違う。
3)iクラウドにUPすれば、新しい方でDownloadはできる。





from ponts comment(0)


2015.01.29  iPhone 消滅

金曜にiPhone6がやってきた。
変な色に変わるので、
なかなか楽しいアプリだと思った。



ところが、真っ赤になったり、
縞でたり、緑の帯が横切ったり。
そして、月曜日に止まった。

そして、水曜日に上京。
ホテルがどこか?会議の時間は?
品川での懇親会は、変な名前のとこだったな?

すべて、このiPhone6にはいっている。
どうすればいいのだ!!
「情報の孤島」とは、こういうことか。

急いで、ホテルと思う場所に行き、
ロビーでパソコンを開き、
無料Wifiに繋ぐ。

Meは何しにTokyoへ?状態。



from 小林一郎 comment(0)


2015.01.27  CAD演習最終作品講評会

評価点と一番合っているのはどれ? 評価点と一番合っているのはどれ?
CAD演習最終作品の研究室内講評会を行いました。

最終作品の課題は現実にある橋梁の作成です。

評価ポイントは
@より高度なCAD技術を使っているか 
A実現可能な土木構造物になっているか 
Bレポートとして完成度が高いか

去年よりもよい作品が多く、選ぶのはとても大変でした。学生の頑張りに、感動させられました。先生とTAさんたちは大分驚きました。海外からの橋梁もいくつが出てきました。

評価会の結果、8人の表彰候補者が決定しました。
@中村豪志 「ポンデザール」」
A段里可子 「関門橋」
B上原隆志 「新西海橋」
C河野倫輝 「天門橋」
D坂上智之 「Hanoi-Ho Chi Minh City Railway Line Bridges Safety Improvement Project Construction Package No.2」
E安達幹治 「千本松大橋」
F紫垣萌  「中の島大橋」
G鴻上侑宏 「南河内橋」

来週の発表を楽しみにしています。

from ウイナー comment(0)


2015.01.24  iPhone 余滴3

岩国は遠い。
新幹線になってない。
駅に何もない。


あるとき、新幹線の乗り継ぎ駅で、
30分以上待つことになった。
寒空のなか、原稿の訂正をしている。
「こんなところで、こんなことをしていて良いのか?」
若い頃にに感じた、疑問をふと思い出した。

さて、先日は、岩国で、
女性の会に、お招きいただき、
12冊自分の本を抱えて、新幹線へ。
本というのは、重いものだ。
これまた、久しぶりに、大風呂敷が役に立った。

講演は、「わたしが私になるとき」
フランス時代の運転免許証や滞在許可証をみせながら、
私を証明できるのは私自身ではなく、
紙切れ(ID)なのだといった話をした。
お礼は、マーマレード!!
女性の会らしいと思い、良い気分。

さらに、なにが功を奏したのか、本は完売!!
サインも求められ、下手な文字で、本を汚してしまった。

半年後に、読後感を聞かせてほしいものだと思っている。





from 小林一郎 comment(0)


2015.01.23  iPhone 余滴2

3年間の写真で、
気になったもの、2枚。


一枚目は、
バス停のベンチに残された弁当箱。
誰が作って、誰が忘れたのか。
いろんな、場合が考えられる。
ご本人には、申し訳ないが、
楽しい想像をしながら町を歩いた。
数編の短編小説を読んだ気がした。

二枚目は、花壇周りの
ベンチが気になっていた頃
東京で撮影した。

そのこと自体は良いのだが、
私の携帯が鳴っている。
映像から音が聞こえる。

いまだに、私の携帯が鳴ったのは
これが最初で最後であった。

(いつもは音を切っているので、
即返事ということはないので、
皆さんには、申し訳ないと思っている。)






from ponts comment(0)


2015.01.22  iPhone 余滴1

3年の歳月 3年の歳月
iPhone4を
6に換えたい。
データの引き継ぎは?



クラウドの登録とか、全くやっていません。
そもそも、iTunesにアクセスできない。

悪戦苦闘。なんとか、パソコンにデータを移し始めたら、
エラーとかで中断。

どこまで、バックアップできているのか、不明。
で、1000枚の写真の最初と最後のものを載せます。

たしかに、あのときには、彼らがいたのだ!!
みんな元気ですか?


from ponts comment(0)


2015.01.07  新年 おみやげ会

どれも美味しかった! どれも美味しかった!
新年、あけましておめでとうございます。

本日は2015年初集合ということで、
研究室メンバーそれぞれが地元のお土産を持ちより、
試食会を行いました。

ロールケーキ、黒棒白棒、陣太鼓など甘いお菓子の他に、
すり身、ちゃんぽん天、たこせんべいなどの
おつまみ系がずらりと並び、みんなで美味しく頂きました。

今回のおみやげ会、人気投票の上位結果は、

1位 太刀魚のすり身(長崎)
2位(同率) たこせんべい(明石)
2位(同率) かんころもち(長崎)
4位 ロールケーキ(都城)

となりました。
こちらの4つは他を引き離し、僅差での戦いでした。

今年度も終盤に近づき、研究もそれぞれの
達成目標に向けて頑張っています。
今年も小林研をよろしくおねがいいたします。

from 加藤楓 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事