空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2014.12.30  東京散歩 3

なるほど! なるほど!
小説の舞台を訪ねる。
ホテルマンは客をどう観察し、
応対しているのか。


地下鉄の接続を聞いても、地図をもらいたいといっても、
たしかに、応対が他とは違っていた。
さらに、久しぶりに、こんな鍵にであった。
フランスに行くと、もっとデカいのがあって、
開け方も、独特で・・という話はまたいつか。


最近は、カードも時代遅れで、
トレンドは、6桁の暗証番号。

しかしそれは、ホテルとは別ジャンルの
カプセルホテルの豪華版睡眠場なのだ、
と気づかされた。。

確かに楽しかったのは、客への受け答えの差だ。
片方は貸し部屋業で、こちらは、エンターテインメント。
「おもてなし」が最大の売り物だとしたらこうなる。

しかし、私は王様ではないので、
あまり、下手にでられても、当惑してしまう。

1)綿棒ほしいと電話でいったら、
  ボーイさんが、瞬時に、旅行セットを持ってきた。
  すごいですね。

2)朝食も悪くはなかったけれど、
  buffetになれていない感じのカップルがおおくて、
  パンとるだけで、時間かけるのは、違う気もしました。



from ponts comment(0)


2014.12.28  東京散歩 2

こんなものにも、
仮営業があるのか。
ひどい町だと思いませんか。


聖域は、守られ続けるから意味を持つはずなのに。
きっと、駐車場が完備されたり、
地下鉄からのアクセス性が向上したり、
観光客にも、庶民的で、良い場所になったりするのでしょうね。


ほぼ近くに、面白い看板を見つけた。
バラバラなら、意味はないが、
ニコイチで、ほほが緩む。

これも、60過ぎの人しかわからないのでしょうか。
すでに、合併したので、この名前の都市は存在しません。


from ponts comment(0)


2014.12.27  小戸之橋美術館 ポスター2

鯨の出発 鯨の出発
いよいよ、2021年に向かって、
鯨の発進ですね。
正月にふさわしい、ポスター!!




月並みないい方をすれば、
「絵と写真のマリアージュ」
「アートと橋の共同作業」

楽しい橋の壊し方は、
実は「すてきな美術館」のつくり方、
だったのでしょうか。
はやく、名誉館長の仕事したいですね。

それはさらに、新しい市役所の仕事のやり方や、
若者の楽しい町の使い方に繋がると良いですね。







from ponts comment(0)


2014.12.27  小戸之橋美術館 ポスター1

7年後も5人で。 7年後も5人で。
美術館のポスターができました。
まだ、美術館はできていないけれど。



良いポスターです。
狙いの一つは、「滅びの美学」でしたが、
ポスターでは、手すりのサビさへ、
アートの一翼をになって、楽しそう。

ところで、これが噂のドボ女5人組?
みんないい感じですね。
7年度にも、同じポーズでとってくれると良いけどね。




from ponts comment(0)


2014.12.27  東京散歩 1

普通のいい通り 普通のいい通り
東京駅の近くを歩いている。
外国の町並みのように
感じる。


いわゆる、インターナショナル様式。
それはそれで、歩いていて気持ちいい。

だが、
観光客は喜ぶだろうか。

普通の良い通りは、「良い」ではなく、
「普通」なだけ。


from ponts comment(0)


2014.12.26  学会誌12月号

ありがとう ありがとう
12月号の表紙は、曽木分水路。
しかも、10月号の小林原稿を
褒めてくれた人もいる。



『実践教育のスパイラル』は、
若い人には何の感動も呼ばないらしい。
60歳を超えると、じわっと共感してくれるものだろう。

最近、これをアレンジして

     管理 調査
  
     施工 設計

というスパイラルを考えて、昨日東京で話したら、
よくわかってくれた。
「アンカリング」と「適切な方向性の提示」は重要





from ponts comment(0)


2014.12.26  年末の大掃除

きれいになりました! きれいになりました!
小林研全員で年末の大掃除。
窓、床、デジスタの3つに分かれ
それぞれ担当区分を責任もって掃除しました。

各担当、様々な道具を用いて
1年間お世話になった部屋を
感謝の気持ちをこめてきれいに磨きました。

なかなか汚れが落ちず苦戦する場面もありましたが
星野研の掃除法を伝授してもらい
徹底的に掃除することができました。
きれいになると景色も変わってみえるものです。

新年もきれいになった研究室、デジスタで
清々しい気持ちで研究を行っていけそうです。

from 川崎仁美 comment(0)


2014.12.25  平成26年度蘇遙会情報誌発行

2014年小林研 2014年小林研
H26年の蘇遙会情報誌が発行されました。
小林研の研究室紹介とメンバーの写真も掲載されています。
HPは以下をご覧ください。

http://www.web-dousoukai.com/soyoukai/?page_id=15#kobayashi

from 加藤楓 comment(0)


2014.12.23  小林研忘年会 2014

2014年お疲れ様でした 2014年お疲れ様でした
2014年の小林研忘年会は”雑魚屋”で行われました。


今年のできごと賞
ノミネートはこちらです。

「小林研20周年」
「小林先生不調」
「中島さん大活躍」
「インターンシップ講演会」
「高田破門」
「CIMチャンピオン」
「メロンが今年もきた!」
「藤田さんが帰ってきた!」
「川井田登場」
「クリスマスも会議」

やはり2014年の小林研といえば”20周年祭”。
小林研の20年間を振り返る年となりました。


本日の忘年会では、おいしいお酒、おいしい料理とともに
小林研での1年間を各々振り返ることができたのではないでしょうか。
今年の反省を踏まえ来年はよりよい年にしていきましょう。

年があけると
学位論文、修論、卒論との戦いが待っています。
2015年も良いとこ悪いこと様々なできごとがあるとは思いますが
研究室一同”切磋琢磨”で乗り越えていきましょう!
明くる2015年もよろしくお願いいたします。

それでは皆様よいお年をお迎えください。

from 川崎仁美 comment(0)


2014.12.15  情報シンポ 査読結果!

じっくり読んでみます。。 じっくり読んでみます。。
小林研から10月に投稿した、5本の論文の査読結果が届きました。


結果は3本採用となりました。


タイトルは以下の通りです。

藤田・緒方・ウイナー・小林
「属性を付与した道路点群データの建設ライフサイクルでの利用」

吉田・野間・藤田・小林
「ダム撤去における河道管理への測量機能付監視カメラ利用の可能性」

藤田・小林・ウイナー・星野
「Application of Attributed Road Surface Point Date in Road Maintenance」


いくつか修正はあるものの、3つも採用され嬉しいかぎりです。

お疲れ様です、おめでとうございます。

from 川井田 圭吾 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事