空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2014.06.24  2014年度 入刀式

毎年恒例の光景 毎年恒例の光景
今年度も研究室に初夏の便りが届き、
毎年恒例の入刀式が行われました。

リフレッシュルームに新聞紙を広げ
いまかいまかと待つ学生たち。
柔らかくよく熟したメロンが机の上に並びます。

縦じまにそって小林先生が入刀。
美しい切り口があらわれ、
周囲に甘い香りが漂います。

切り分けたメロンを「おいしい、おいしい」と
一番に食べる先生に続いてかぶりつく男性陣。
メロンのおいしさでみんなが笑顔となりました。

例年に比べ学生が少なかったため、
一人がたくさんのメロンを食べることができ、
小林研一同おいしく、またお腹いっぱい頂きました。



齋藤家の皆様のご厚意には
心より感謝いたします。

有難う御座いました。



from 川崎仁美 comment(0)


2014.06.20  インターンシップ講演会6 濱田文子講師

こんな生き方もある その6 こんな生き方もある その6
6回目のインターンシップ講演会、
講師は株式会社ニコン・トリンブル
iCT営業部の濱田文子さんです。

濱田さんは大学で数学を専門に学ばれ、
プログラマーとしてお仕事をされた後、
映画トップガンの影響で飛行機に乗りたい!
と、アメリカで免許を取られました。

そこでの経験で英語が話せる、
地図の面白さを発見する、など
現在のお仕事にも繋がるものがあります。

30歳から日本に戻られ、
宇宙から地球を見ませんか?の求人広告から
トリンブル社に入社されます。
現在はGPSを土木分野で活用する製品を開発され、
自分しかやっていない分野で
これが人の役に立つと自信を持ち、ご活躍されています。

目的意識をしっかりと持つことで、
どんな敵にも負けない強さになるのだと
感じました。

今回のポイントは、
やりたいことはやり遂げる
周囲の環境を分析する
自然体が幸せを呼ぶ

貴重なお話をありがとうございました。




from 加藤楓 comment(0)


2014.06.14  軟弱地盤研究会

佐賀建設新聞 佐賀建設新聞
5月23日に佐賀市で行われた
小林先生の講演の様子が
5月29日の佐賀建設新聞に掲載されました。


「CIMの概要と地中の見える化の可能性」と題して、
CIMの概要、自身が携わった事業での活用事例、
地質調査への適用の可能性に関して解説をされました。

from 川崎仁美 comment(0)


2014.06.13  インターンシップ講演会5 宮元香奈講師

こんな生き方もある その5 こんな生き方もある その5
「こんな生き方もある」
〜転職編〜として
5回目のインターンシップ講演会が行われました。



講師は宮元香奈さんです。
熊本出身で、熊本大学土木環境工学科を卒業。
大学時代は女子学生が学科内に5名しか居なかったため、
とても深い交友関係があったそうです。

県庁を志望されていましたが、
上手くいかずコンサルに就職されます。

しかし、ここで働くのは何か違うという思いがあったそうです。

コンサルを退社後に”癒しの小屋てのは”の経営を開始し、
今が一番仕事に対してやりがいを感じておられるとのことでした。

まさに、こんな生き方もある。
宮元さんにとっての天職とは整体師だったのです。

今回のポイントは
・他人に流されない
・生活のバランス
・仕事は繋がっている

自分の本当にしたい事を見つけるのは難しいことです。
今している事だけが全てと思わず、視野を広げ自分の
やりたいことを探してみるのも重要だと感じました。

貴重なお話をありがとうございました。

from 加藤将也 comment(0)


2014.06.06  インターンシップ講演会4 星野亜由子講師

こんな生き方もある その4 こんな生き方もある その4
「こんな生き方もある」
〜専業主婦編〜として
4回目のインターンシップ講演会が行われました。



講師は星野亜由子さんです。
宮崎の出身で、東京大学の工学部社会基盤工学科を卒業。
大学時代は、価値観を変えてくれる人との
多くの出会いがあったそうです。

はまれることは研究ではないと、
院には進まず就職されます。

しかし、これも違うという思いがあったそうです。

ご結婚を機に3年で会社を退職。
現在は専業主婦として、3児の母として、
育児にはまっていらっしゃるとのことでした。

まさに、こんな生き方もある。
自分が夢中になれることを
探し続けた答えが「子育て」だったのです。

今回のポイントは
天職
新しい自分を知る
大学時代の出会い

外に出てみないとわからないことが、たくさんあります。
本当にはまれることを探して、
自分の仕事にしたいと感じました。

貴重なお話をありがとうございました。





from 加藤楓 comment(0)


2014.05.30  CIM技術検討会平成25年度報告

技術者復権 技術者復権
CIM技術検討会平成25年度報告において、
小林先生が技術者復権と題して書かれた
巻頭言が掲載されています。





また、報告書のおわりには
H24年度CIM技術検討会事務局主任である元永様が、
「曽木の滝の分水路」
について書かれています。



ぜひご覧ください。

from 加藤楓 comment(0)


2014.05.22  お誕生日おめでとうございます!

デジスタの様子 デジスタの様子
5月23日は小林先生のお誕生日なのですが、
明日は先生が出張のため
お祝いを1日早く行いました。




先生が授業を終えられるまでにデジスタの準備をし、
ウィナーさんが先生を呼び出すと同時にろうそくに着火。

ろうそくが溶け切る前に何とか先生がデジスタに到着されたので、
ハッピーバースデーを合唱しました。

先生の気恥ずかしそうな表情は当分見られないと思うので、
心の中に留めておくことにします。

63歳のお誕生日おめでとうございます!



from 加藤将也 comment(0)


2014.05.16  インターンシップ講演会3 原田佐良子講師

こんな生き方もある その3 こんな生き方もある その3
3回目のインターンシップ講演会、
講師は国土交通省九州地方整備局の
原田佐良子さんです。

筑後川河川事務所・片ノ瀬出張所で
女性初の所長を務められています。

川が大好きだと仰った原田さん。
仕事において、やりがいを見つけることが
とても重要だと感じました。

司会をしてくれた3年生も
国交省に興味があるようで、
講演後に質問が多く出ていました。

今回のポイントは、
耳学
とにかくやってみる
言い続けること(目標を持つ)

インターンシップは
多くの人と出会う機会であり、
意見交換の場でもあるとわかりました。

貴重なお話をありがとうございました。

from 加藤楓 comment(0)


2014.05.12  華燭の典 

5月10日
藤田の結婚式が
熊本の神水でありました。


今回は、「乾杯」の前にひとこと。

1)100年に一度の出来事
2)小林研の教え
3)そして、父になる
ということについて、話しました。


新婦側で話ができれば、
もう少し、盛り上がったのですが・・

さて、ご両親にもお会いでき、
良い結婚式でした。

追伸:
式の前2時間、緒方と河川CIMについて

式後2時間、吉田グループ、
小林優、椎葉祐(ダブルゆうチャンで区別が面倒)
と論文の話をしていました。

藤田ありがとう。







from ponts comment(0)


2014.05.09  インターンシップ講演会2 永村景子講師

こんな生き方もある その2 こんな生き方もある その2
インターンシップ講演会、
2人目は九大工学部特任助教
永村景子講師です。

熊大の大学院を出て一度就職され、
再び熊大に戻られてから、
九大の特任助教として
まちづくりの研究に取り組まれています。

現在のお仕事は
「研究者」+「プランナー」

ポイントは、
引き継ぐことで後世にいいものを残す
ドボジョ(土木女子)の繋がり
周囲との信頼関係
でしょうか。

「手に職を持て」という言葉を
実行されているところは、
見習いたいと思いました。

お忙しい中、講演して頂き
ありがとうございました。

from 加藤楓 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事