空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2016.10.28  CIM2(10/18)

街区のBIM 街区のBIM
今日は、Euroデズニーのある、
マルヌ=ラ=ヴァレまで電車で
事務所は森の中にあり環境は抜群。


EPAMARNEという公団の職員の女性3名(半数が女性とのこと)と建築家、住宅販売関係の人(いずれも男性)と土地開発とBIMについて説明を受ける。

パリ郊外は広大な平野で、人の住んでないところも一杯あるらしい。この公団は、マルヌ地方の都市開発を一括して担当している。
環境に配慮した分譲住宅の建設が仕事ということだ。

BIMはGISと関連させたり、新しい建築の許可申請の時に利用しているらしい。消防関係のや身障者関連の法規が守られているかを検査員にBIMを示しながら確認するらしい。BIMのなかで距離や勾配を確認したらしい。

ただし、データを検査員に渡すところまでは行っていないので、建築家がパソコンを持参し、それを見ながらの確認。我々が新水でNWを使って警察協議をしたのと同じだ。決して、日本は送れてはいないと実感した。

それにしても、実際の公団が実務に使ってるのには感動した。





from ponts comment(0)


2016.10.27  CIM1(10/17)

形状の共演 形状の共演
フランスでBIMは建築が中心
複雑な3次元形状の建物
これは日本では無理かと思ってしまう。


初日は、パリ東の端、ラ・ヴィレットにあるコンサートホール
10枚くらい写真がないと、全貌はつかめません。
興味のあるひとは、下記くらいから検索してください。

http://projets-architecte-urbanisme.fr/auditorium-philharmonie-paris-villette-jean-nouvel/

2枚写真は、上流の再開発地区の古いコンクリートの建物の川側を中心に鉄骨構造を付加した例。
le docks cite de la mode et du design
で検索すると出てきます。

いずれも、BIMというのは、こういう複雑なものの
形状と構造解析等々を連動させたものが主流のようです。

from ponts comment(0)


2016.10.27  パリ着(10/15)

まだ、パリは見えない。 まだ、パリは見えない。
12時間の飛行
当然通路側、今回幸運なのは、
となりが空席。楽だ。


例によって、3時間おくくらいに機内をうろつき、
後ろで体操したり、アテンダントさんと話す。
今回は、小さい飛行機なので、スタッフが少ないのか、客にかまってはいられないという感じ。

4時頃着いて、バスで、OPERAまで。
ホテルは強烈に高い。昨日の空港内のホテル(これもいつも泊まるところの2倍くらいだが、ここは、3倍くらい)。パリの中でも東京でいえば、銀座界隈なので、仕方がないと言うしかないけど。私一人なら絶対の泊まりません。風呂にも入らないものが並んでいる。チューブに入った、シャンプーやバス用のジェルが3本(二人分なので計6本を毎日置いていくのでドンドン増える)、石けんも2個ある。右の方には、壁に掛けたテッィシュの箱もある。全部いりませんね。

私が泊まるようなホテルでは、「石けんください」といわない限りなにも出てきません。

あくまで、CIM調査団3名の公式宿泊所ということだ。
一人先行したので、今日だけは、一人。あす二人を迎えの予定でいたが、お一人は、2年間ロンドンで暮らしていたとのこと。迎えは中止。

19世紀の建物が残る。通りの向こうには小劇場があるらしい。
演目は、深刻なものもあれば、右側のは「愛はネットの上にある」というタイトル。どんなもんか気にはなる。

日の出が8時半、入りが6時半。これでもまだ、夏時間(1時間遅くしている)。11月になったら、真っ暗なときに学校に行き。暗くなって帰ってくる。北の人は忍耐つよい。

from ponts comment(0)


2016.10.26  卒論中間発表に向けて。

黙々と作業しています 黙々と作業しています
4年生の中間発表まで残り2週間をきりました。

各々の目標に向け、夜遅くまで課題に取り組んでいます。
Civil3Dで作業したり、PowerPointの作成をしたりと
作業の内容はひとそれぞれですが、
11月7日、中間発表当日という同じゴールに向かい、皆頑張っています。

残りの日数を考えながら、計画的に進めていきましょう!

from 紫垣萌 comment(0)


2016.10.26  出発(10/14)

ホテルからの眺め ホテルからの眺め
11時羽田発の飛行機
成田に比べれば随分らくだ。
しかし、念のため前日東京へ。



ポシェットをナップサックに入れ、それを鞄に入れれば、一つになる。いつもの旅のスタイル。

前日まで仕事で現場見学し、よるは懇親会をしていたので、準備不足。地球の歩き方も、カメラの予備電池も持ってきていない。

どんな旅になるだろうか。

from ponts comment(0)


2016.10.19  3年生研究室仮配属

研究室前で撮影 研究室前で撮影
3年生が研究室に仮配属されました。


左から

松崎悠治
中川晴貴
藤本馨
佐藤優(欠席)

の以上の4名です。

今年も元気な3年生が研究室にやってきてくれました。
仮配属ということで、本配属のように研究づくしというわけには
いきませんが、4年生の4月までまずは無事進学を目標に悔いのない
研究室生活を送ってほしいです。

from 亀井翔太 comment(0)


2016.10.05  CAD演習2016

今年はいきなり演習です。 今年はいきなり演習です。
今年も学部2年生を対象とした
CAD演習の授業が始まりました。

今年は例年と違い、第一回目から演習を行いました。

初めて触るCADソフトに、
学生たちはかなり苦戦していたようですが
後半は慣れてきた学生も見受けられました。

最初はまだ2次元ですが、これから3次元になり
さらに難しくなります。
良い作品課題を作るためにも、頑張っていきましょう!

from 水野 純生 comment(0)


2016.09.24  4年生強化ゼミ

勉強になりました! 勉強になりました!
修士1年の水野さんより、4年生に向けてゼミが行われました。

今回の内容はショートカットキーです。
普段使っていて便利なものを教えて頂きました。

全員、興味津々で話を聞いています。

今では、エクスプローラーの表示も一瞬で完了です。
時間短縮になり作業効率も上がることでしょう。

時は金なり。

from 上原隆志 comment(1)


2016.09.20  修論中間審査 2016

中間発表の様子 中間発表の様子
本日修士論文の中間発表がありました。

教授や他の研究室の学生が見つめる緊張感のある雰囲気の中、準備されていた内容を堂々と発表されていました。

発表されたタイトルは以下の通りです。
川崎「歴史的橋梁の造形分析への3D-CAD利用の可能性」

自分も2か月後に中間発表を控える身として、発表の仕方やスライドの構成など参考になる点を学ばせていただきました。
今後、修論発表まで5カ月、短い期間ですが自分が納得できるまで研究活動を頑張って欲しいです。
先輩に続いて後輩も頑張っていきます!



from 亀井翔太 comment(0)


2016.08.26  本を発見

販売促進 販売促進
地震のおかげで、
本棚の天井近くに
隠れていた本が出てきた。


自宅に持って帰っても仕方がない。
かといって、謹呈しようとしても
いささか時期を逃してしまった。

20年ほど前に4000冊印刷した。
飛ぶように入れて、学校辞めても
暮らしていけるなどと、本屋さんと話した。
しかし、毎年、学生に50冊ほど売れるだけだ。

そんな話をしていたら、秘書さんがポップを作ってくれた。
旅行鞄に21冊いれて博多まで運んだが。
右肘がいまでも痛い。

とても地下鉄には乗れそうもないので、
タクシーで会場へ。もう二度と行商は止めようと思った。
購入頂いた皆さん! 感謝!感謝!!



from ponts comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事