空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2013.11.15  CIMの講演会

本日、小林先生は。。。
九州のCIMの事例と河川CIMの可能性」(PDF注意)と題して、第2回河川技術セミナー@福岡にてご講演されます。

===
夏以降、小林先生によるCIM(Construction Information Modeling/Management)の講演会が目白押し。
福岡(7/17)を皮切りに、名古屋(9/27)広島(10/2)高松(10/16)と土木学会土木情報学委員会主催の『「CIM」に関する講演会』をしてらっしゃいました。

「技術者復権-CIMによる建設生産システムの変革」という題目で、これまでの取り組みを解説しながら、CIMとは何か?を語っていました。

from 岡田 幸子 comment(0)


2013.11.01  卒論中間発表

おつかれさま! おつかれさま!
卒論の中間発表がありました。

発表者とタイトル

上川路ゆり
「Kolg上でのモデル空間の運用に関する一考察」
林大貴
「河川堤防の景観デザインへのCIMの利用」
ウイナー
「Measurement of River Terrain by Using Surveillance Camera」

はじめての舞台ということもあり、緊張感がひしひしと伝わってきました。
それでも、堂々と発表できていたと思います。
今年は、例年に比べて早い段階から準備を進められていたので、この調子で卒論まで内容も発表も更に向上させていきましょう。
前進あるのみ!

from 秋山慶介 comment(0)


2013.10.25  3年生仮配属!!

今年度後期から3年生の研究室仮配属が始まりました。

今回は、3名が配属されています。
新谷廉
岩村祥平
古場翔
です。

3年生から配属された今の心境を聞いてみました。
新谷:憧れの研究室に配属されて嬉しい限りです。この研究室で自分のスキルを伸ばしたいと思います。

岩村:3年後期で研究室に配属されたので、どのような研究をしたいかを早い段階で決定したいです。

古場:一年生の時からお世話になった小林教授のもとに配属されたので、研究室の先輩たちのような研究ができたらと思います。

3年生それぞれには小林研とはどのような研究室なのか、研究とは何かをしっかり学んでもらいたいと思います。

受け入れる側としても、彼らをサポートしていくとともに、研究室の魅力を伝えていきます。

新たなメンバーを加えた研究室一丸となって、残りの後期も突き進みましょう!!!




from 高田 哲聖 comment(0)


2013.10.19  華燭の典:九鬼裕之君 おめでとう!

アウェイの新郎さん アウェイの新郎さん
小林研OBの九鬼裕之君の結婚式が福岡で行われ、懐かしい顔が元気に揃いました。

新婦の(小拂)智絵さんは大津研OGということで、新婦友人にも見たことある顔が結構いました。

B4で研究室に入った時はおとなしいイメージであったが、M2を修了する頃には、「九鬼の研究室」とまで小林先生に言わせた九鬼君。

「九鬼の結婚式」になっていましたね。本当におめでとうございます!

とても盛大な式で、そこに華をそえてくれた鶴我君の熱唱も忘れることはないでしょう…

from 小林研一同 comment(0)


2013.10.10  小戸之橋工事記念着手講演会(宮崎県)

150人近くが集まりました!Photo Credit:Masuyama 150人近くが集まりました!Photo Credit:Masuyama
小戸之橋工事着手記念講演会にて、小林先生が講演されました。

タイトルは「切れる橋、繋がる橋」
フランス、ドイツ、日本の橋を事例に、「橋を壊す(壊れる、壊される)、造る(再生、架け替え)」とはどういうことなのかをお話されました。

講演の速報はこちらからご覧下さい。

小戸之橋は7年半かけて、壊して、造り直されます。
第一弾として、「ありがとう小戸之橋さよならフェスティバル」が11月2日に現地で開催されます。
(雨天の場合は3日に順延)

追記:宮崎日日新聞に掲載されています。
こちらからご覧下さい。


from 岡田 幸子 comment(0)


2013.10.01  CAD演習開始

毎年恒例の小林先生が担当する2年生のCAD演習授業が始まりました。


初回の今日は、図面を理解して紙に立体図を書く作業でした。
2次元で書かれている図面を頭の中で3次元におこす作業に苦戦している様子でした。

来週からはCivil3Dを使って本格的にソフトを使う演習をしていきます。

最後には1人1作品作ってもらう予定です。
どんな作品が完成するのか楽しみですね!

from 上川路ゆり comment(0)


2013.09.25  荒瀬ダム見学

小林先生が担任をしている、社会環境工学科2年生とB4・M1で荒瀬ダムの見学に行きました。

現場の担当の方のダム撤去説明を聞いた後、
個別に質問をしている熱心な2年生もいました。

荒瀬ダムの後は熊本県環境センターと水俣病情報センターにも行き、
資源や環境、水俣病について再認識することができました。
私たちにとっても貴重な経験になりました。

from 上川路ゆり comment(1)


2013.09.24  修論中間発表

M2の修士論文の中間発表がありました。


教授や他の研究室の学生もたくさん参加し、
鋭い質問が飛び交って、有意義な時間となりました。

タイトル
秋山「土工計画のための地形改変モデルの提案」
嶋津「河川CIMにおけるデータマネジメントに関する研究」

修論提出・発表までそれぞれの努力目標が達成できるように
限られた時間を有効に活用していきましょう。


from 上川路ゆり comment(0)


2013.09.23  歴史と空間|ポスター講評会

学生投票で選ばれた3枚! 学生投票で選ばれた3枚!
歴史と空間のポスター講評会が行なわれました。

学生投票の結果、選ばれたのは。。。

1位
 12班 心臓へつながる動脈 大甲橋(236ポイント)
2位
 14班 白川橋〜さまざまな表情を見せる橋〜(143ポイント)
3位
  2班 九州唯一のトレッスル橋(104ポイント)


アイデアや細部へのこだわりとともに、全体をまとめあげるのが大切です。
評価されたポスターは、どれもトータルにデザインできていました。

from 岡田 幸子 comment(1)


2013.09.18  新宿同窓会2013

情報シンポといえば新宿同窓会です。
今年もたくさんの先輩方にお越しいただきました。


我らが大先輩、杉原さんが幹事となり、
素晴らしい同窓会を開催していただきました。

場所は緒方さんおすすめの、居酒屋 清龍。
美味しい料理を格安で堪能いたしました。

やはり今年も話題は、CIMまっさかり。
いろいろな最新情報や裏話を酒の肴に、
時間はあっという間に過ぎてしまいました。

来年は、卒業生として参加できることを楽しみにしています。



from 嶋津卓郎 comment(0)


2013.09.18  情報シンポ2013

9月17・18日に土木学会にて、「第38回土木情報学シンポジウム」が開催され、小林研からは以下の6名が発表しました。

山中「CIMのためのプロジェクト管理ツールとマネジャーの役割」
藤田「測量機能付監視カメラによる河川地形の計測に関する一提案」
吉田「設計初期段階における地形モデル空間の適用」
秋山「土木計画のための地形改変モデルの一提案」
嶋津「河川堤防設計におけるCIMの可能性」
高田「ダム撤去工事における水中施工へのモデル空間の利用」

その道の専門家の方々から繰り出される鋭い質問が飛び交い、他大学の学生や教授の方々のプレゼン内容や作法を間近で体感することができました。今後の研究や進路等を考える上で、大変貴重な経験をさせていただきました。

発表後におこなわれた同窓会については別記事にて掲載いたします。


from 上川路ゆり comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事