空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2013.09.18  情報シンポ2013

9月17・18日に土木学会にて、「第38回土木情報学シンポジウム」が開催され、小林研からは以下の6名が発表しました。

山中「CIMのためのプロジェクト管理ツールとマネジャーの役割」
藤田「測量機能付監視カメラによる河川地形の計測に関する一提案」
吉田「設計初期段階における地形モデル空間の適用」
秋山「土木計画のための地形改変モデルの一提案」
嶋津「河川堤防設計におけるCIMの可能性」
高田「ダム撤去工事における水中施工へのモデル空間の利用」

その道の専門家の方々から繰り出される鋭い質問が飛び交い、他大学の学生や教授の方々のプレゼン内容や作法を間近で体感することができました。今後の研究や進路等を考える上で、大変貴重な経験をさせていただきました。

発表後におこなわれた同窓会については別記事にて掲載いたします。


from 上川路ゆり comment(0)


2013.09.18  新宿同窓会2013

情報シンポといえば新宿同窓会です。
今年もたくさんの先輩方にお越しいただきました。


我らが大先輩、杉原さんが幹事となり、
素晴らしい同窓会を開催していただきました。

場所は緒方さんおすすめの、居酒屋 清龍。
美味しい料理を格安で堪能いたしました。

やはり今年も話題は、CIMまっさかり。
いろいろな最新情報や裏話を酒の肴に、
時間はあっという間に過ぎてしまいました。

来年は、卒業生として参加できることを楽しみにしています。



from 嶋津卓郎 comment(0)


2013.09.09  歴史と空間|ポスターのエスキス

エスキス中 エスキス中
夏休みも終盤にさしかかる頃、歴史と空間の授業がありました。

ポスター作成のエスキスを開催。
学生は少し考えた一案を持参。
A4サイズのメモにイメージを書いてくる班や写真のみ持参の班。

イメージが具体的になっていない中で、
実現が大変そうだけど、アイデアはいい
コンセプトがないけど、レイアウトはきれい
特異点の写真はいいけど…
といった状況でした。

頭で考えた通りにはいかない!と気づくことと、
答えは班ごとに違うと実感できればいいなと思いました。

from 岡田 幸子 comment(0)


2013.09.01  専門家めぐり

いろんな人と会いました いろんな人と会いました
JACICでの、研究打ち合わせが、
主目的の上京であった。



しかし、今後、九州で展開されるCIMにむけて、それぞれの分野の専門家を尋ねた(つもりであったが)。みんな卒業生なので、結局、同窓会をすることになってしまった。

トンネルの議論は面白かった。
 山根さんはすごい。(卒業生ではないのが残念)
 新さんは、若い! (カフェ・ラテありがとう)
 みんな、プロっぽくなったね。

懇親会に、参加してくれた皆んなに感謝。





from ponts comment(0)


2013.08.30  第61回 日本工学教育研究講演会

84歳の万代橋 84歳の万代橋
日本工学教育研究講演会が新潟大学五十嵐キャンパスにて開催されました。

今年は岡田が発表してきました。
タイトルは「臨床知としての特異点探索」
専門外の学生に、暮らしの中での工学を認識してもらう授業を紹介しました。

私以外の発表者は、授業を担当する先生や技術職員の方々。
土木、電気、機械、情報と専門は様々!
工学に興味をもってもらうための工夫や複雑なメカニズムを教える方法などが発表されていました。
講義の悩みや感想なども織込まれ、現実と直結する議論が多く、授業の参考になるようなものもありました。

発表の後には、万代橋の特異点探索。
小林先生からご依頼の写真撮影を開始しました。
あいにくの空模様で、信濃川ウォーターシャトルが運行せず、川からの撮影は断念。
新潟日報メディアシップの展望フロアからの撮影は成功。
きれいに整備された河川敷からの眺めは壮快で、
広幅員の万代橋は歩いて渡るのも心地よいものでした。

from 岡田 幸子 comment(0)


2013.08.28  CMIの方々来熊!

濃い時間を過ごせました 濃い時間を過ごせました
施工技術総合研究所の伊藤さん、藤島さん、竹本さん、椎葉さんが来熊されました。

1次会はすがをでおこないました。

竹本さんの学位授与を来月に控え、CMIの方々とこれまでの共同研究の思い出話やCIMに関する意見交換をおこないました。
お酒も入り、きたんのない意見が活発に行き交いました。

2次会は彩鶏でした。

ここからは、4年生も参加し初対面の先輩方と交流を深められたと思います。
研究に関してもそうですが、社会に出る上でのアドバイス等熱く語って頂きました。

そして、次の日の修論ゼミへと続きました。
客観的な視点からの意見で課題の整理が進んだと思います。

2日間非常に濃い時間を過ごせました。
CMIの皆様、長時間に渡りありがとうございました。



from 秋山慶介 comment(0)


2013.08.22  プロゼミ

本日、先端建設技術センターの緒方さんがいらっしゃいました。
また、2か月前から東京に行っていた山中さんも帰熊されました。

今、携わっている仕事の話やIWの操作方法など、学生の質問にも真剣に考えてくださり、有意義な時間になりました。

また、熊本にいらっしゃるときには小林研究室にお越しください。

from 上川路ゆり comment(0)


2013.08.02  LA BETTOLA da Ochiai Toyama

料理の写真は? 料理の写真は?
先日、4千点の「高田資料」の
リストを作った、二人の富山の女性に、
小林から「敢闘賞」とエールを送りました。



明治の人々の、手書きの文字を
判読するのは大変な作業です。

富山では、予約もままならないような、
人気レストランでした。

小食で大人しい二人には、もしかしたら、
昼間から大騒ぎして、下品な食べ方をする
私との同席は、つらかったのではないかと思いました。
「よくがんばりました」

今にして思えば、
熊本の知り合いの女子学生は、
揃いもそろって、大食いですね。
酒飲みもいるし、。。。

from ponts comment(0)


2013.08.02  学位論文公聴会

最後の勇姿 最後の勇姿
竹本憲充さんの学位論文公聴会が開かれました。

タイトル
『立方体地盤モデルを用いた機械土工の設計・施工プロセスの効率化に関する研究』

立方体地盤モデル(cube)について何年間も積み上げてきた研究。
それをまとめての発表。
前日に発表練習をこなし、今朝までパワーポイントを充実させていました。

いつになく堂々とした姿に映りました。
発表お疲れ様でした。

from 秋山慶介 comment(0)


2013.08.01  ゼミ&打ち上げ

二人カメラ目線… 二人カメラ目線…
前期締めくくりゼミを行いました。


普段のゼミは学生6人と先生だけでしていますが、
今日はどんどん人が集り、最後には11人になりました。
熱い議論が交わされ、締めくくりにふさわしい内容になりました。

打ち上げでは、院試の応援会も兼ねており、
代表して、林の院試への意気込みで乾杯しました。
合格するぞー!

from 林大貴 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事