空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2013.07.31  高田雪太郎資料

26日 富山県庁で知事より、
感謝状を頂きました。

さらに、翌日は、
カルデラ砂防博物館で、
高田雪太郎展があり、
お祝いの言葉をひとこと。

from ponts comment(0)


2013.07.27  ちょっとの違いを感じるコツ

なんか違う! なんか違う!
高田修さん(雪太郎のお孫さん)と、
公用車で移動中。
「まちが、熊本より
ゆったりしている」との感想。



私も、そう感じていた。
理由は、単純に、トラムがあり、
フランス風の自転車があるからだと、決めていた。

そんなことを話していて、
とにかく、車の割り込みが少ない、
ということになった。
「なぜか」

・人がやさしい
・道が広い
・車が少ない
・・・

運転手さんが、教えてくれた。
雪が多いので、正解は、

・スリップによる追突防止

冬の習慣が、夏でも続けられている。
それを、ちょっと違うと感じた
高田さんは、風景をみる達人なのだろう。

from ponts comment(0)


2013.07.23  「CIM」に関する講演会

17日に博多で、「CIM」に関する講演会がありました。

九州のCIMはうまくいくという
実感があったのですが、
今後どうなるでしょうか。

だれか、講演関連の写真があれば、
送ってください。

福岡での様子はこちらから

from ponts comment(0)


2013.07.20  ベスト3にならない。

少し、びっくりしている。
この数年、学生に、いろんなことが伝わらない。
実りが少なすぎる。あるいは、基本的な能力が弱いのだろうか。
質問力。応用力。敢闘精神。・・・・。



学生諸君へ。今年は、敢えて辛口の講評をします。

1)ギリギリに、最小限のことしかしない。
2)仕事を楽しく、深くやれない。
3)だから、成果が薄っぺら。

この科目は、あくまで練習ですが、
各自の学科では、別の評価が得られるよう
研鑽を積んでください。

結果:
◆ベスト3(一人だけ。残念!)
 児玉

◆佳作(一つの橋について、特異点探索らしきものをやっている)
 奥村
 田中
 石上

from ponts comment(0)


2013.06.28  2013年度 入刀式

毎年恒例のこの写真 毎年恒例のこの写真
毎年恒例の入刀式が今年もやってきました。


研究室に箱が届くなり、そわそわし出す若者たち。
「待てば待つほど甘くなる。」
そんな言葉にも、どこか上の空。

今年は、デジスタに紙を広げ下準備。
カメラマンの高田の腕が鳴ります。
さあ、準備は整った。

今か今かと待ちわびる多くの視線の中、
小林先生の持つ包丁が入っていきます。

「熟している。」
包丁を持つ小林先生だけではなく、
多くの人が気がついたはずです。

かぶりつく男性陣。
切り分ける女性陣。
みんなの顔に笑顔があふれました。

事務室の方も含め、多くの人とこの喜びを分かち合いました。

斎藤家の皆様から届くお心遣いには
心より感謝いたしております。

今年も美味しく頂きました。
有難う御座いました。

from 林 大貴 comment(0)


2013.06.22  第33回土木史研究発表会@東北大学

小林先生の挨拶と発表の様子 小林先生の挨拶と発表の様子
6月22、23日に第33回土木史研究発表会が、東北大学工学部 青葉山キャンパスにて開催されました。

土木史研究会委員長の小林先生のご挨拶で始まりました。
今年は東北での開催ということと土木史研究委員会設立40周年記念が重なり、東日本大震災シンポジウムと題して、災害についての議論が繰り広げられました。
シンポジウムには一般の方も参加されました。

さて、今年の熊大(卒業生含む)からの発表は6件でした。

田中尚人
「南阿蘇の地域形成に着目した近代交通基盤整備史」

本田泰寛
「フランスにおける木造アーチ橋の発展」

永村景子
「基礎自治体による土木遺産運用に向けた提言と運用状況評価の試行」

山中孝文
「雑誌記事にみる五高工学部・熊本高工の輩出した土木技術者の群像」

岡田幸子
「六大都市における軌道用敷石の敷設状況」

中村康佑
「楠木の大雁木にみる土木遺産としての価値に関する研究」

私の発表では上手く伝えられずに、小林先生に痛恨の一言を頂きました。
これからも研究に発表に、精進していきたいと思います。

from 岡田 幸子 comment(0)


2013.05.30  基礎セミナー「橋の特異点」

1位 奥村くん 1位 奥村くん
基礎セミナーで「橋の特異点」の写真発表会がありました。
各々の写真の説明をみんなの前で発表し、
小林先生の鋭い指摘が飛んでくる…
良い発表会になりました!

発表会あと、良かった写真の人気投票をしたところ、

1位 奥村くん
2位 児玉さん
3位 安部くん・石上さん

という結果になりました。

写真提出前に梅雨入りしたせいか、
曇り空の写真が多く、もったいないなぁという写真も
みられました。
授業で学んだことを生かして、
天気のいい日にまた写真を撮りにいてみてほしいですね!

from 上川路ゆり comment(0)


2013.05.24  錦帯橋 論文完成

次のステップへ! 次のステップへ!
ようやく、報告書ができました。

4時から、市長に本をお渡しし、
新聞各社の質問にお答えしました。

研究室関連では、校正(本田、永村)、表紙デザイン(岡田)と、お世話になりました。

「あとがき」に、今後の決意を書きました。

いよいよ、これから、ひと仕事です。

▼新聞各社へのリンクはこちら
 読売新聞 2013年05月25日 地域山口
 中国新聞 2013年05月25日
 毎日新聞 2013年05月25日 地方版

from ponts comment(0)


2013.05.22  HAPPY BIRTHDAY !!!

息がピッタリ 息がピッタリ
5月23日は小林先生のお誕生日です。
明日から先生が出張されるということで、
1日早いお祝いをしました。

研究室のソファーでくつろいでいた先生。
嶋津くんがゼミと称して先生とデジスタへ。

その隙に、みんなダッシュで準備。
ゆりちゃんが買ってきてくれたケーキにろうそくを差し、ライターで着火。
ゆっくりケーキをデジスタに運ぶも、廊下の強風でろうそくの炎が。。。
全員でハッピーバースデーを合唱しながらデジスタに突入。

「どうりで、みんなおるとおもったー」と、にこにこしている先生。
突然のできごとに先生は、ちょっぴり恥ずかしそうでした。

62歳、おめでとうございます!

from 岡田 幸子 comment(1)


2013.05.20  

知らないまちで。。。 知らないまちで。。。
1978年5月20日

あれから35年が経ちました。


知らない街で



この原稿は、5年前、何人かの若者を激励したくて書きました。

はじめから、日を追って読むと、一夏、楽しめると思います。



from 小林一郎 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事