空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2013.01.28  CAD最終課題講評会

受賞おめでとう!! 受賞おめでとう!!
CAD演習の最終課題講評会を行いました。

最終課題のテーマは昨年に引き続き「橋梁」です。
作成した橋梁に合わせて、地形の編集を行い、配置することが求められます。2年生にはかなり難易度が高い課題だったと思います。

厳選な選考の結果、6名の学生が優秀な作品として選ばれ、発表を行ってもらいました。
それでは一人ずつ紹介していきます。

最優秀賞
岡村麻矢【アーチ橋
デザイン性も高く、橋梁の構造をよく理解した作品です。
研究室でも納得の最優秀作品です。
ぜひご覧になってください。

優秀賞
三村越史【斜張橋
今回、唯一の斜張橋の作品です。
難しい構造を上手く表現しており、オリジナリティを高く
評価しました。

安藤清志郎【アーチ橋
シンプルですが、地形とうまくマッチしており、構造的に
安定感があるところが高く評価された作品です。

技能賞
川崎仁美【中路アーチ橋
アイデア賞
藤木秀幸【アーチ橋
敢闘賞
廣田遼次【アーチ橋

今年は全体的にアーチ橋を作成した学生が多かったようです。
発表中、小林先生からの鋭い指摘もありましたが、どれも素晴らしい作品だったと思います。おめでとうございます。

2年生はこの講評会をもって、大学でのCADの授業は終わりとなります。
短い期間でしたが、2年生は今回経験したことを決して忘れないでください。皆さんが、社会人となった時にきっと役に立つ技術です。

また、少しでもCADに興味を持った学生はぜひ小林研に!!

from 高田 哲聖 comment(0)


2013.01.18  真っ黒

真っ青、なので真っ白ではない。 真っ青、なので真っ白ではない。
一日遅れで、無事に富山着
その夜はみぞれ、
そして翌日は、真っ青な空



朝食をとりながら
「いつもこんなに晴れていますか?」と聞くと、
さも、ものを知らない人を諭すように、
「いつもは、霞んでいて、雪も積もっていますよ」


という訳で、熊本よりも遥かに温かい中
委員会に向かう。雪吊りというのは有名だが、
歩道の植栽まで細やかな手当が温かい。
公園の一隅に残った雪を見つけて撮影

さて、懇親会も終わり、楽しく酔う。
最後の日は、夕方富山を発ち、21時熊本着
という予定であった。

朝起きると、空は黒い雲が低く垂れ込め、
道は、東京と同じように一面の雪
TVをつけるとホテルよりのメッセージ
「お客様が本日ご使用になる飛行機(787)は
運行不可なので、至急代理店に連絡ください」

7時半、さっそく電話すると、
「本日は営業終了しました。
 営業開始時刻は9時からです」とのこと。
ネット予約は経験済みなので、早速
ネットを開くと・・・(詳しくは後日)

その後、いろいろあって、観光をすべて取りやめ、
本当に会議と懇親会だけやって、
11時過ぎには富山を出発
無事帰熊しました。



from ponts comment(0)


2013.01.14  みんな真っ白

真っ青かな
12時半に東京について
13時には富山行きに乗る
15時にはホテルにつくはずだった。



ところが、
12時40分に羽田についた飛行機は、
行き場がなく、立ち往生。
タラップが来て、空港に入ったのが、
16時過ぎていた。

ロビーは大混乱。
午後の分がすべて欠航と知ったのは、17時。
岡田にホテルの予約をしてもらい、
山中に飛行機の予約変更をお願いし、
段取りの悪いホテルに着いたのが、
19時頃でした。

いまは23時まだ、チェックイン出来ていません。
東京というのは、どうにもならない
弱い都市です。
働く人も機械のように定型の仕事しかできません。
みんな真っ白。
きっと、一晩中チェックインが続くのでしょう。

from ponts comment(0)


2013.01.08  始動ゼミ 2013

長崎名物かんころもち! 長崎名物かんころもち!
あけましておめでとうございます。
2013年、最初のゼミがありました。

主に、西部支部についてと今後のスケジュール確認をしました。
また、小林研OBの池本大輔さんが来校され堤防に関してのゼミをしていただきました。
現場の話が聞けて大変参考になりました。
突然でしたが…
ありがとうございました。


毎年恒例、お土産ナンバーワン決定戦。
今年はエントリーが少なかったですが、結果は以下のようになりました。

1位:かんころもち(長崎)
2位:越山もち(福岡)

長崎名物のかんころもちは、小林研OBである山村洋平さんのお祖母様からいただきました。
どこかなつかしく、後を引くおいしさでした。

池本さんと研究室一同で美味しくいただきました。
山村さん、いつもありがとうございます。


from 中尾香織 comment(0)


2012.12.27  小林研忘年会 2012

ワインで乾杯!! ワインで乾杯!!
2012年を締めくくる、小林研忘年会が昨年に引き続き雑魚屋にて行われました。

待望のできごと賞ですが、今年度はまだまだ何かが起こりそうな予感がします。ですので、今回はノミネートのみ紹介いたします。

「グッドデザイン賞、全建賞のダブル受賞」

「株式会社コルク誕生」

「ドクター誕生」

「CIM元年」

特別枠「ひでさん登場」

以上です。まだまだノミネート中ですので年明けに何が起こるか目が離せません。できごと賞の最終発表は、3月末に行いますので乞うご期待ください。

終始和やかな雰囲気で行われた忘年会となりました。そして、一人一人が今年の反省点や来年に向けての目標を考えるいい機会になったと思います。

この1年間を本当に忘れてしまいそうなほど盛り上がる会となりましたが、そのままデジカメもお店に忘れてしまうという大失態をおかしてしまいました。お許し下さいませ。

年明けにはすぐ卒論、修論、西部支部と大変なことが盛りだくさんですが、小林研一丸となって2013年も乗り切っていきましょう!!

それでは皆様良いお年をお迎えください。

from 高田 哲聖 comment(0)


2012.12.20  グッドデザイン賞 賞状とトロフィー

重みのある賞です 重みのある賞です
グッドデザイン賞の賞状・トロフィーが揃いました。

左:グッドデザイン賞 表彰状
中央:サステナブルデザイン賞 トロフィー
右:サステナブルデザイン賞 表彰状

トロフィーは、小林先生が「持って帰るのが大変」と仰る通り、ずしりと重みのあるものでした。
斜め上から覗いでみると、受賞作品名が刻印されているのがわかります。

それぞれ、小林研、星野教官室、星野研に飾られる予定です。

from 中島 幸香 comment(0)


2012.12.20  サステナブル・デザイン賞

持って帰るのが大変でした 持って帰るのが大変でした
18日、東京ミッドタウンで、
グッドデザイン・特別賞の授賞式がありました。


小林と川内川河川事務所の平岡さんが出席。
もしもの時にと思い、別途写真班一名も依頼。
なんとか、写真が取れました。


賞状は大きくて、ガラスだし、
トロフィーは重く、事務局からもらった
紙袋は、地下鉄の表参道で乗り換えたときに
破れ危うく、人に蹴られそうになった。

ホテルに帰り、フロントの女性に、
ガムテープをたのむと、気を利かし、
薄くて華奢な、紙袋に入れ替えてくれた。

「全然親切になっていない」と呟きつつ、
改めて、ガムテープを所望。
今度は、破れたところをかる〜く貼ってくれた。

受賞というのは、大変疲れることだと思った。







from ponts comment(0)


2012.12.13  CAD演習中間課題講評会

真剣な選定!! 真剣な選定!!
本年度授業である学部2年生対象の講義「CAD演習」の中間レポート講評会を行いました。

今回の課題は昨年に引き続き、「ゆるキャラ」です。
評価ポイントとして、「CADの技術」「コンセプト」「作品の表現」の3点より選出しました。
 
優秀作品は以下の通りです。

最優秀賞
末藤靖之【アームストロング君

優秀賞
廣田遼次【阿蘇・さんタロー
保田滉太【カボス仙人

ここまでが上位3名です。以下は特別賞、佳作作品です。
技能賞
川崎仁美【角煮マン

キャラクター賞
福満崇弘【宗像のそらまめ君

アイディア賞
太田光【石炭君

佳作
福田大祐【ふく丸君
甲斐法久【畳エンジェル

講評会の感想としては、昨年よりも全体的に作品の質がおちていたように感じられました。また、レポート作成に関してもキャプチャーでの見せ方をもうすこし工夫する必要があると思います。

授業の最後には最終課題が控えています。
もう一度課題への取り組み方を見つめ直し、小林先生やTAをあっと驚かせるような作品を期待しています!!






from 高田 哲聖 comment(0)


2012.12.12  プロとアマ

夏に、OLの本拠地、Gerlandの近くを歩いた。
立派な芝のコートが何面もあり、
地元の人も眺める中、選手たちが練習していた。


連戦連勝の女子チームは、休みだったのか。
近くに、立派なショップもあり、切符の販売や、
チーム関連のグッズを売っていた。

店員の若い男性に道を聞いたら、
「日本から来たのか? オオタキは頑張ってるよ」
などと話しかけられ、ついTシャツを買ったりした。

この素晴らしい環境の中で、女子もプロとして
練習をし、世界に打って出る。
神戸が勝てなかってのは、当然だと思った。

どの世界でも、プロが本気になると、
圧倒的な力を見せる。点差はわずかでも、
きちんと勝ってみせるのが、
当面の彼女たちの仕事なのだから。

PS:先日、年賀状作成のために写真を探していたら
OLの写真が出てきたので、2回書きました。



from ponts comment(0)


2012.12.10  都市の戦略

胸のマークを見てほしい。
神戸は「黒糖ドーナツ棒」
LOYNは「ONLY LYON」



先日の女子のクラブ世界一戦の映像だ。
熊本の菓子メーカーが神戸のスポンサーで、
世界中にマークが流れたのはいいことだ。

がしかし、神戸は「わが都市」を宣伝する気はないようだ。
あるいは、菓子メーカーは熊本に女子チームを作るまでには行かないのだろうか。

ONLY LYONはOL(オリンピック・リヨネ)のマークではない。
リヨン市のロゴだ。
単なる観光案内ではなく、国際会議の段取り、大学の紹介や、企業誘致の窓口にもなっている。

駅前などには、このロゴの巨大な看板が立てられている。
国内の試合ではOLの胸のマークは、車のメーカーやスーパーのロゴがあったりするので、国際試合だけのことだと思うが、このユニフォームは、素敵だと思う。

都市の戦略を、その街のプロ・サッカーチームが、
世界に向けて、宣伝する。こんなチームとこんな都市と
こんな戦略の何れもが、羨ましい。
と、試合を見ながら思った。




from ponts comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事