空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2016.08.26  本を発見

販売促進 販売促進
地震のおかげで、
本棚の天井近くに
隠れていた本が出てきた。


自宅に持って帰っても仕方がない。
かといって、謹呈しようとしても
いささか時期を逃してしまった。

20年ほど前に4000冊印刷した。
飛ぶように入れて、学校辞めても
暮らしていけるなどと、本屋さんと話した。
しかし、毎年、学生に50冊ほど売れるだけだ。

そんな話をしていたら、秘書さんがポップを作ってくれた。
旅行鞄に21冊いれて博多まで運んだが。
右肘がいまでも痛い。

とても地下鉄には乗れそうもないので、
タクシーで会場へ。もう二度と行商は止めようと思った。
購入頂いた皆さん! 感謝!感謝!!



from ponts comment(0)


2016.08.25  広がる輪

次は、好きな歌手教えてね。 次は、好きな歌手教えてね。
CIMの関連で、
新しい分野の方と、
会うことが多くなった。



測量関係、施工関係、建機関係、・・・
どの分野でも、年配はおじさんばかりだが、
若い人の中には、女性も多い。

男の人と話すと上下関係が暗黙の了解事項だ。
組織はそれで良いけれど、飲んだときくらい、
楽しくて、仕事と関係しつつも、意外な話題について話したいものだ。

楽しいひとときでした。




from ponts comment(0)


2016.08.09  大分研修 2日目(大分川ダム)

とても良い天気でした! とても良い天気でした!
施工中の大分川ダムを視察しました。

大分川ダム建設野津原推進室(ななせ館)にて、
工事事務所職員の方からダムについての説明をいただいた後、現地を案内していただきました。
職員の方の熱心なお話や、現地を走り回るトラックの様子、
ななせ館内の手の込んだたくさんの展示物から、
工事関係者の方々の熱意や地域への愛情をひしひしと感じました。
現地では、ドローンを飛ばす様子も見せていただきました!

めったに見られない、ダムの施工途中の風景を見ることができ、大変貴重な経験となりました。
ありがとうございました。


from 紫垣萌 comment(0)


2016.08.08  大分研修 1日目(山国川)

山国川では、平田地区および上曾木地区を中心に視察しました。

山国はInfraWorks上での知識しか無かった為、
今回の視察はイメージの確立という意味でも、よい経験となりました。

現場視察後は、山国川河川事務所において意見交換会をおこないました。
様々な意見を聞くことができ、大変勉強にはなりましたが、
私たち4年生は意見交換会を傍観することしかできませんでした。
いつか、私も輪の中に入れるようになりたいと思います。




from 上原隆志 comment(0)


2016.08.01  待ちに待った新歓です!

楽しく語り合いました! 楽しく語り合いました!
地震の影響で遅くなってしまいましたが、
4年生の進路もほぼ決まったため、
新歓を開催していただきました。

一人ずつ自己紹介をしていき、
質問に答えていくという流れで宴会は進みました。

しかし、さすが小林研究室、それだけでは終わりません。
知的な話題で盛り上がり、少しでも知識を蓄えていきます。
なんと、バドミントンの名前の由来は地名なのです。
知的ですよね?

先生そして先輩方、楽しい新歓をありがとうございました。
4年生一同、日々精進していきますので、
今後もよろしくお願いいたします。


from 上原隆志 comment(0)


2016.07.18  CIMを学ぶ2

第2弾は緑色!! 第2弾は緑色!!
7月14日、(一財)日本建設情報総合センターと熊本大学の共同研究「CIMを学ぶ2」が公開されました。

河川激特事業でのCIMの活用記録である「CIMを学ぶ」に続き、
今回はCIMはマネジメントであることが説明されています。

具体的な内容としては、新水前寺駅地区交通結節点改善事業(熊本県熊本市)を筆頭に、
様々な事例を通して「見える化の技法」を整理し、
CIMの具体的な活用方法やノウハウ、課題がまとめられています。
これをもとに、今後さらにCIMが普及されていくことを期待します。



from 川崎仁美 comment(0)


2016.07.05  新人登場

一緒に頑張っていきましょう! 一緒に頑張っていきましょう!
研究室に新たなメンバーが一名加わりました。

村田恭祐君です。

彼は、鹿児島県にある第一工業大学の4年生です。
CIMを学びたいということで、ここ小林研究室に来てくれました。
彼の登場で、またいっそう賑やかになることでしょう。

さっそく、Civil3Dを使いCAD演習に取り組んでいました。
私たちも負けてはいられません。
切磋琢磨しあえる仲間が増えて嬉しいです。

これからよろしくお願いします。

from 上原隆志 comment(0)


2016.06.27  基礎セミナー 最終レポート

ベスト3+佳作2 ベスト3+佳作2
今年度の最終レポートが出そろいました。
ベスト3と佳作2つを発表します。


まず、ベスト3は

1)秋元美久 さん
子飼橋の特異点がそんな所にもあるのかと感心しました。どの写真も美しく、構図や色彩に対する才能を感じました。レポートの構成も水辺を感じさせる洒落た作りでした。是非一眼レフを買って、すてきな風景の写真を撮り続けてください。時々、力作をメールで送ってもらえると良いですね。

2)稲森彩乃 さん
テクノスケープの好例です。「おまけ」はなくても、立派なレポートでした(ない方が良かったかもしれません)。レポートも楽しく読みましたが、完結しきっていない印象があり、おしいなと感じました。

3)有松史織 さん
一日で激変する特異点。それを示しただけでも、お手柄でした。他の写真が、上位2名と比べると見劣りがしたのは残念でした。色んな意味で「いいな」の探求は、今後も続けてください。ひとは、きっとわかり合えると思います。


次に、佳作は
4)湯淺李菜 さん
LPはどれも美しく、逆にGPが目立たなくなってしまいました。全体として、もう少し後ろにさがったLPを探せると良かったかもしれません。表紙もプリントした写真であれば、魅力的なレポ−トになったと思います。

5)栗田七海 さん
思い出の橋をとりあげたこだわりの作品で、写真もきれいでした。ただし、熊本の橋ではないので、みんなが特異点の場所を共有できなかったのが残念です。また、ふちどりのマスキングテープで写真が一部隠れてしまっているのが作品の質を下げてしまい、おしいなと感じました。



学生の投票結果は
1)稲森彩乃 さん
2)秋元美久 さん
3)有松史織 さん、湯淺李菜 さん

でした。1位と2位が、なかなか拮抗していました



最終レポートでは、授業内容や先生の指摘から学んだことを活かして特異点を探し、天候や時間などにこだわっているひとが多くいました。また、「写真の撮り方や景色の見方が変わった」という感想も多かったです。今回の授業で学んだことを、ぜひこれからの大学生活に活かしてもらいたいと思います。

1年生のみなさん、おつかれさまでした!

from 紫垣萌 comment(0)


2016.06.21  IW勉強会

Infraworks ゼミ Infraworks ゼミ
先輩方からInfraworksのゼミをして頂きました!


4年生は皆集中し、真剣にメモを取りながらも
終始、和気あいあいとした雰囲気でした。

Infraworksをはじめ、まだまだ4年生にとっては
はじめてのソフトウェアがいくつもあり、
分からない事も多々あります。
先輩方を見習ってこれから知識や経験を増やしていきたいと思います。



from 紫垣萌 comment(0)


2016.06.20  デジスタの様子

デジスタの様子 デジスタの様子
デジスタが工学部1号館から
物質生命化学科棟の6階609室に引越しました。

少し窮屈ですが、小林先生、秘書の中島さんと学生7名が
こちらで研究活動を再開できております。

現在、大学院の先輩方に教えていただきながら
4年生はInfraWorksやCivil3Dの勉強中で、熱気に溢れています。

当面は、ここで頑張っていきます!
お手数おかけしますが、ご用事の方はこちらまでお越しください。


from 橋内悟 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事