空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2011.12.23  ソフトボール大会 in2011

みんな頑張りました! みんな頑張りました!
12月23日,例年よりひと月遅れのソフトボール大会がありました.

寒さが厳しいこの季節,今大会の開催自体危ぶまれていましたが,無事快晴のもとで行われました.
実は小林研チームは人数が足りず,出場が危ぶまれていた状態.

しかし,幸運にも旭測量設計株式会社よりドラフト1位で吉田史朗選手,2位河端豊選手を指名・獲得.
また,技術員の上田さん、構力研の葛西先生,他チームの方々にも参戦して頂き,最終的には決勝トーナメントに進出しました.
決勝トーナメントではすぐに負けてしまいましたが,
今回助っ人として出て頂いた方々には本当に感謝です.

研究室のみんなと出るのも良いですが,
いろいろな方たちと出るのも良いですね.
また来年もソフトボール大会にでましょう!

from 江頭遼一 comment(0)


2011.12.22  年末の大掃除

before/after before/after
今年の汚れ今年のうちに!

ということで、小林研のメンバー総出で
年末の大掃除を行いました。

ジャージ上下
マスク着用
バケツ
雑巾

いかにも大掃除ですね。

こんなときに人一倍張り切る
某M2の指導の下
窓拭きから床磨きから
何から何まで徹底的に綺麗にしました。

外の景色も違って見えます。

気持ちよく新年を迎えられそうです。

from 山村 洋平 comment(0)


2011.12.15  有明沿岸道路(住之江IC) 打ち合わせ

模型を使って現場で妄想中 模型を使って現場で妄想中
有明沿岸道路 住之江IC付近の打ち合わせに行ってきました。

なんとか模型を完成させいざ佐賀へ。
ランチは佐賀のB級グルメであるシシリアンライスを
いただきました。
ご飯の上に温玉、野菜、肉が乗ったもので、ヘルシーで美味しかったです。

打ち合わせはまず概要を話した後、模型を持って現場へ。
現場はまだ何もない平地でしたが模型を使ってどの様にするか、どうその空間を利用するかを話し合いました。

初めの段階で模型を見ながら現場を考えるっていいですね。これを先にすることで予備設計も二度手間にならず、効率的ではないでしょうか。

そんな感じで問題点の共有や空いた空間の利用などイメージを膨らませて打ち合わせ終了。


佐賀は私の生まれ故郷です。
平野が広がっている田舎の良い所で、このプロジェクトでは
その場所にあった素朴なものができるように今後頑張っていきましょう。

from 片江久美香 comment(0)


2011.12.14  曽木の滝分水路がテレビに出ました!!

NHKニュース!! NHKニュース!!
曽木の滝分水路がテレビニュースに取り上げられました。
曽木はっけんウォーキングでの目玉の1つとして、
初めて一般公開された様子です。

今まで見たこともない分水路内を思い思いに歩き、
記念写真を撮ったり、"景観デザイナーと現場監督の解説"に
熱心に聴き入る参加者の姿が映し出されました。

現在は立入禁止となっている分水路ですが、
公開を望む声が強まれば、平常時の開放も夢ではありません。

たくさんの人が様々な思いを胸に完成した「新しい川」。
これからは、1人でも多くの人に知ってもらい、
親しまれる空間になってほしいものです。

from 永村 景子 comment(0)


2011.12.10  曽木はっけんウォーキング

ニコニコ ニコニコ
鹿児島県伊佐市にある曽木の滝周辺にて、12月10日に曽木はっけんウォーキングが開催されました。小林研からは、6名がスタッフとして参加しました。

2007年から小林研も携わっている曽木の滝分水路
今回のウォーキングイベントでは、分水路の“初”一般公開ということもあり、間近で体感できるワクワク感とともに、お手伝いをしました。

前日9日は、ルートの清掃や案内板の設置。
当日10日は、ルートの誘導やカメラ係など全力でサポートしました。

参加者の方々は、曽木の滝周辺で新しい発見ができたようでニコニコ。
私たちスタッフも、イベントが順調に進み、ニコニコ。

そして、地元の方とお話することで分かる曽木の滝や分水路への思い。

来年度から、曽木の滝周辺で観光ガイドが始まるということです。
分水路整備事業は、地形そのものをつくりかえる大土木事業でした。しかし、地元の方に愛されるものになりそうな気がした、そんな曽木はっけんウォーキングとなりました。


from 山中孝文 comment(3)


2011.12.09  伊佐市観光ガイド育成講座「あなたに会いたい」

将来のガイドさん達 将来のガイドさん達
小林先生が鹿児島県伊佐市の観光ガイド育成講座で講演されました。

講演では小林先生が旅行中に出会ったステキな場所と人を紹介しました。
先生はその土地の歴史や建物の紹介をしながら、
自分の知っていることや思い出を楽しそうに語る人に出会ったそうです。
それは、もう一度「あなたに会いたい」と思える忘れえぬ人々。

ガイドになるみなさんは時には笑みをもらしながら、
真剣にお話に聞き入っておられました。
観光ガイドは来年度から曽木の滝周辺をはじめとして行われるそうです。
楽しみですね!

from 岡田 幸子 comment(0)


2011.12.08  CAD演習中間課題講評会

これ・・・かわいいな。 これ・・・かわいいな。
本年度授業であるCAD演習の中間レポート講評会を行いました。

今回のお題はズバリ「ゆるキャラ」です。
最近話題の言葉ですが、学生たちは苦戦している様子でした。中には放課後居残りして熱心に作業している学生もいたようです。

それでは、今回の優秀な作品たちを紹介したいと思います。

最優秀賞
川井田圭吾【馬先輩
選出されたポイントはデザインもさることながら今回のテーマであるゆるキャラとうまくマッチングしていた点です。鼻から垂らした鼻水がとても印象的です。レポートとしてもきれいにまとめてありました。

優秀賞
末次真依【たこ天使
惜しくも最優秀を逃しましたが、小林先生一押しのかわいらしい作品です。
特に羽の部分がお気に入りだそうです。
吉良美咲【モン太
ゆるキャラの王道として選出されました。
手にもっているバナナもよく作りこんでいて、受賞ポイントの1つです。

技能賞
竹中裕基【かまうさぎ

アイデア賞
中原優章【大根伯爵とこんにゃ君

レンダリング賞
伯川宰規【しんごうきクン

佳作
平原雄太郎【テレテレぼうず
川野麻沙美【とよりん
戒健次【GOD
小山伸康【梨太郎

レポートを評価しての感想は、学生間で作品の差が大きいように感じました。優秀な学生もいれば、手抜きで出していると思われるものもありました。
今季はもう一度レポートの提出があります。
きっといい作品ばかりで講評会が悩ましいことを期待しています。

from 高橋優介 comment(0)


2011.12.07  Guydeゼミ

これが最高の同期集中!! これが最高の同期集中!!
構造計画研究所より研究室OBである竹下さんと熊懐さんが来校され、Guydeプロジェクトに関する打ち合わせをしました。

今回で3回目の打ち合わせになるのですが、やはり今回の議論も白熱しました。
主に同期・分散についてみっちり3時間討論しました。

今後の修士論文執筆にあたり、今回のような研究の基礎を固める作業が大事になると思います。
M1ということで就職戦線もよりいっそう激しさを増しますが、それに負けずに研究に励んでいきたいと思います。

今後ともご指導よろしくお願いします。

from 高橋優介 comment(1)


2011.12.01  土木学会論文集 査読通過!

【採用】の二文字がいいですね 【採用】の二文字がいいですね
10月に投稿した、論文の査読結果が届き、無事採用されました。

今回はM2の藤田と小林優が投稿しました。
タイトルは以下の通りです。

藤田「色彩情報による点群データの属性分析」
小林「モデル空間での2次元図面データに関する一提案」

修正が少しありますが、ひとまずほっとしました。
これは土木学会論文集F3分冊(特集号)に掲載されます。

おめでとうございます。

from 杉原浩実 comment(0)


2011.11.22  ギエルム先生(フランス)との会食

Welcome to Kumamoto Welcome to Kumamoto
銀杏が黄色に色づいた頃、フランスからのお客様。
Andr Guillerme(アンドレ・ギエルム)先生との会食が開催されました。

ギエルム先生はフランス土木史学の第一人者。
パリ国立工芸院教授で、専門は土木史・ 技術史でいらっしゃいます。
今回、熊本へいらっしゃった目的は、天草の棚底にある「こぐり」見学山都町にある白糸台地のワークショップと盛りだくさん。

その合間をぬって熊本の郷土料理を食べて頂きました。
参加者はギエルム先生、前島さん(ギエルム先生の元でドクターをされています)、小林先生、田中先生、増山さん、熊大ドクター3人の合計8名。
会食は焼酎(米、麦、芋)を飲み比べから始まり、最後は馬寿司で終わりました。
お店のブログにも登場しています。

それでは来年フランスの会議でお会いいたしましょう。
どうもありがとうございました。

from 岡田 幸子 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事