空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2011.06.28  歴史と空間:ポスターデザイン

ちょっとした気配りが美しさにつながります。 ちょっとした気配りが美しさにつながります。
ドクターの岡田幸子さんによる授業がありました。

前々回は、「土木遺産と文化財(永村景子)」、
前回は、「“コト”から読み解く(山中孝文)」でした。
今回は、「ポスターデザイン」がテーマです。

最終課題のポスター作成に向けて、過去の成果やコンペのポスターを取り上げながら、レイアウトのコツや注意点を教えてくださいました。

ポスター作成は、授業や学会発表だけでなく、社会に出てからも、研究発表や広報で作る機会があります。

何を伝えたいのか?
どのように見せれば分かりやすいのか?
そのためには、何に気をつければいいのか?

聞けば簡単なことなのですが、いかに気を配れるかが大事ですね。

しっかりと聞いている人が多かったので、7月末の発表ではいいものを見せてくれそうです!

from 山中孝文 comment(0)


2011.06.27  KKEYプロジェクト 謝辞 2

独り静かに・・ 独り静かに・・
祝祭の日々は続いている。
6月中には、処理しないと。


日本で、ワインを飲むのは、正解ではない。
と、常々思っている。

さらに、買ってもその日には、なくなる。
だから、保管装置は不要だ。
なのに、次々と、赤い壜がやってきた。

学生諸君にはくどく、「壜は、なで肩」と
力説したので、真ん中のものを頂いた。

長男にはどうせ、日本料理には合わんから、
「安くて良い」と言ったので、
イタリア・スペイン詰め合わせだ。

「なで肩で、安ければ」満点なのだが・・・

日本酒用のセットも頂いた。
こういうヒネリの効いた代物は、
大人のプレゼントですね。

すこしは、上品に日本酒の勉強もしておきなさい、
ということでしょう。
ワインを飲み干したら、早速、日本の酒を
買いに行きましょう。






from 小林一郎 comment(0)


2011.06.18  土木史研究発表会@早稲田大学

惜しくも選ばれず・・・ 惜しくも選ばれず・・・
6月18、19日に第31回土木史研究発表会が、
早稲田大学大久保キャンパスにて開催されました。
今年の熊大からの発表は、9件(卒業生も含む)でした。


小林一郎
「錦帯橋との比較研究に向けた欧州木造アーチ橋に関する歴史調査」

岩田圭佑
「6.26水害に着目した阿蘇谷・南郷谷の地域比較」

永村景子
「祇園橋保全に配慮した河川法及び文化財保護法の調整について」

山中孝文
「五高工学部・熊本高工土木工学科における卒業生の就業状況に関する人物史的研究」、「錦帯橋の大工技術伝承における3D-CAD利用の可能性」

古賀由美子
「文化的景観保全のための通潤用水における維持管理に関する史的研究」

岩切謙介
「天草棚底地区の文化的景観に対する災害の位置づけに関する一考察」

畔津伸彦
「白糸台地における文化的景観の価値認識に関する分析」

藤田将史
「川内川の土木遺産ツーリズムに関する一考察」


昨年と比べると、全発表件数は少し減っていたものの、年齢層は少し若返っていたような気もします。本当は、もっと学生の参加者、それも継続的な参加者が増えれば嬉しいのですが、なかなか敷居が高いようです。

そんな中、今回から若手優秀発表賞が設けられました。
研究内容やプレゼンなどを特に認めてもらえる、そんな研究を進めていきたいなと思っています。

from 山中孝文 comment(0)


2011.06.17  KKEYプロジェクト 謝辞 1

色ずく部屋 色ずく部屋
先日は、沢山の方に集まっていただき、
心から感謝します。


いま部屋中、花盛りです。
赤い帽子にキャップ、ネクタイもにぎやかです。
赤系のチェックの長袖と半袖のシャツも・・・。

何故か、ガラスのペーパーウエートや
新素材の小物入れもあります。
眼鏡おきにはピッタリ。

iPadに至っては、机の中に入れたままです。
どれもゆっくり、大切に使いたいと思います。

すべての皆さんと、話がしたかったのですが、
時間がなく、残念です。

重ねて、感謝いたします。
ありがとう!!


from 小林一郎 comment(0)


2011.06.14  祝!!就職内定!!(その2)

congratulations! congratulations!
梅雨のじめじめとした湿気が体力を奪うこの季節。
そんな嫌な気持ちを一掃するような報せが研究室に届きました。

このたび、M2の山村洋平がインフォマティクスに、B4の北村聡がヤマックスにそれぞれ内定が決まりましたので、報告させていただきます。

以下、本人コメント

山村洋平
『人生どう転ぶかわからないなぁと思いました。
何はともあれ来春から社会人です!』

北村聡
『周囲からの大学院への誘いを押し切り、就職という道を選びました。後悔はしていません。小林研には残り数カ月しかいませんが、今後ともよろしくおねがいします』

私たちM1は就職活動を控える身として、彼らの就職活動を参考にさせてもらいます。
残りの8ヶ月間は修論、卒論と忙しくなりそうですが、研究のお手伝いはまかしてください。

最後になりましたが、内定おめでとうございます。

from 高橋優介 comment(0)


2011.06.11  第6回風景デザインワークショップ

「『地域で生きること』を『風景』は支えられるのか?」をテーマに風景デザインワークショップが開催されました。
風景デザインワークショップは風景デザイン研究会が毎年開催しています。

二日目の連続討論会に小林一郎教授がコーディネータとして登壇しました。
「日本の原風景を継承していくために−文化的景観を題材に−」という大きなテーマの中で、大分の田染荘小崎の農村景観について議論が行われました。

今年度の概要と速報議事録はこちらをご覧下さい。

from 岡田 幸子 comment(0)


2011.06.05  KKEYプロジェクト その3

赤い帽子が似合っています! 赤い帽子が似合っています!
小林先生還暦祝いの二次会がありました。

一次会同様に多くの方に参加して頂き、
総勢50名の大所帯です。

最初に小林先生から10周年祭、12周年祭の裏話をしてもらい、田中先生の乾杯でスタートしました。
二次会は一次会とはまた違い終始フランクな雰囲気。
きっと我々学生の緊張(段取りに対する)も緩んだからでしょう。
先生にお祝いをいいに行く方もいれば、久々に再開した同志と盛り上がるなど、思い思いの時間を過ごして頂けたと思います。

そして、3時間があっという間に過ぎ、気づけばお開きの時間・・・

最後に、今年ドクターをご卒業された野間さんに一本締めでこの会を締めて頂きました。
会が終わり、名残り惜しさを残しつつ全員解散!

しかし、『小林研には別れなし』という言葉があるくらいです。
またいつかの日かみんなが集まる日が来るでしょう。

そして、研究室生一同より、小林先生還暦おめでとうございます!

from 江頭遼一 comment(0)


2011.06.04  KKEYプロジェクト その2

錚々たる顔ぶれ! 錚々たる顔ぶれ!
小林研12周年祭から約5年…
小林一郎先生の還暦をお祝いする会が開催されました.

遠方から多数参加していただいた本会は,
総勢74名(OB・OG:41名)で盛大に行われました.

式中は,屋久(星野研B4)によるJazzバンド演奏.
山村(小林研M2)主導のサプライズムービーは,
杉原(小林研M1),片江(星野研M1)が
ムービーに合わせた生演奏(バイオリン・ピアノ)で
会場を盛り上げました.
…ですが,まさかのムービー(PC)にハプニング!
※やはり現役の小林研は,本番に弱いみたいです...

御祝い品では,赤ワインやiPad 2,
星野研・田中研からそれぞれサプライズプレゼントを贈呈し,
先生の両手に収まらないほどに.

最後は,奥さんからの手紙を朗読.
私たちが知らない先生の様子が語られ,
時に笑い有りの和やかな雰囲気でした.

全てのサプライズイベントを終了し,
小林先生から今後の人生と研究生活の目標!?を
御話していただきました.

そして,気づけば一次会も終了の時間に.
続きは二次会で!となり,
最年長OBである前田竜一さん(熊本県土木)の
一本締めで本会を終えました.


本会の幹事を若輩ながら務めさせていただき,
改めて諸先輩方の繋がりの強さを実感することができました.
またの機会に,皆さまにお会いできること楽しみにしています.
ありがとうございました!

from 小林優一 comment(0)


2011.06.04  KKEYプロジェクト その1

直前まで準備! 直前まで準備!
KKEYプロジェクト。それは数ヶ月前から水面下で密かに動き始めていました。

これは、6月4日(土)に催された、小林一郎先生の還暦祝いを盛り上げるために発足したものです。
「小林先生(K)還暦(K)い(E)わい(Y)」という、なんとも言えないネーミングがポイントです。(ちなみにM1が命名)

もちろん小林先生には当日まで内密で!

運営からすべて我々小林研と星野先生という強力な?面々でしっかりと行いました。会場準備、関係者への連絡、イベント企画、プレゼント手配などなど仕事は挙げればきりがないほど。

特に大変だったのは、イベントのカギとなるお祝いムービー作成。M2山村、M1高橋を中心に作り上げた傑作です。

色々とトラブルは絶えず、まるで論文の〆切直前のような慌ただしさを感じていたのは私だけでしょうか。
他研究室、先生、先輩方からのご協力もあり、無事当日を迎えることができました。

では、本番の様子は、KKEYプロジェクトの長、M2小林優一に語ってもらいましょう!


from 杉原浩実 comment(0)


2011.06.01  ミニ卒「石垣発表会!」

3年生の成果品 3年生の成果品
熊本城石垣作成の報告会を行いました!

前回、現地調査を行った熊本城石垣の写真を用いて、3年生にCAD上で再現をしてもらい、その成果報告を行いました。

3週間という作成期間の中で試行錯誤し、各々が答えを出しました。(講義時間外にも、各自で時間を調整し作業を行っていたみたいです。)

石垣の作成手法としては、それぞれが三者三様の手法を用いており驚きました。今年のミニ卒生はひと味違います!

次回から三角西港編。
これまで学んだことを生かして立派な三角西港を再現できるといいですね。
出来上がりが楽しみです。

from 北村聡 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事