空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2010.08.06  ミニ卒 子供編

皆で考えました。 皆で考えました。
夢科学探検用のパンフレットが完成しました。

夢科学探検とは毎年11月に行われるもので、三年生の社会基盤設計演習の成果を幅広く一般の方に知ってもらう行事です。今年の小林研は「錦帯橋を世界遺産に!」で出展します。今回作成したパンフレットは、その時に配布されるものです。

当日は学生だけではなく家族連れも多いとのことで、小さい子供でもわかるようなパンフレットにしなければみなさんの心をつかめません。

そこで、文章を少なく簡単なものにし、画像を多くしました。
パンフに載せる写真の向きと作成した錦帯橋のCGの向きを合わせるなど苦労はしましたが、小学生にも分かりやすく興味を持ってもらえるものができたと思います。

たくさんの方が来てくれることを願っています!

from 井上幸治 comment(3)


2010.08.05  B2CAD最終課題講評会

必死にアピール! 必死にアピール!
学部2年生対象の講義「情報処理U」の最終課題講評会がおこなわれました。
今年のお題は「○○から××へおくる■■時計」です。

優秀作品は以下の通り。

カンペイさんが時間に追われている人に贈る時計
 加藤 愛
地球人からウルトラマンへ贈る腕&三分間時計
 野田 知美
非常識な遅刻魔から非常識な遅刻魔へ贈る目覚まし時計
 長江 彩

ここまでが上位3作品。以下は佳作の6作品です。

少し時間ができた人から人生の荒波にもまれている人達に贈る時計
 利光 健志
宇宙人からUFO好きに贈るUFO時計
 宮原 ひとみ
クリストファー・ロビンからくまのプーさんへ贈る時計
 中村 康佑
釣り好きお父さんから子どもに贈るテトラポッタイム
 中尾 香織
マンホールから落ち込んでいる人に贈る時計
 高田 哲聖
料理家の平野レミ先生からキッチンに向かい会うのが億劫な人(≒料理をしない人)に贈る時計
 市吉 保奈美
      
今年は例年よりも作品全体の質が劣ると判断し、最優秀作品の該当はなしという結果となりました。
小林先生をはじめ、TA全員が残念な気持ちでいっぱいです。
先生の言葉を受けて、もう一度自分の課題に取り組む姿勢を見つめ直してほしいと思います。
後期にもCADを使用する講義「情報処理V」が控えています。
中心TAとして、私、寺中は後期担当の山村とバトンタッチです!
がんばってね!



from テラナカ comment(1)


2010.07.30  小林研懇親会

先生のご挨拶&集合 先生のご挨拶&集合
ようやく今年度の小林研メンバー(ほぼ?)全員が揃い、懇親会が開かれました。IT班・土木史班の初顔合わせです。

一次会は小林先生の挨拶から始まり、新鮮な地魚の刺身などに舌鼓を打ちつつ、各々短めの自己紹介をしました。
10月から入学される予定の岡田さんとは、特にM1は初対面の者がほとんどだったのですが、我々のフレンドリーな雰囲気にすぐに馴染んでいただけたようです。

二次会は、杉原の推薦入試合格祝いと、岡田さん、江頭、高橋の大学院入学試験に向けての壮行会を兼ねた席となりました。
餃子が食べたいという先生のご要望には惜しくも答えられませんでしたが、それはまた次回ですね。

今年は錦帯橋のプロジェクトがミニ卒の域を超える盛り上がりを見せています。先生をはじめ、それに携わられている土木史班のドクターの方々とは中々都合が合わず、懇親会の開催もここまでずれ込んでしまいました。
しかし、これを機に積極的にお酒の席を設け、IT班と土木史班の交流をさらに深めていきたいと思います。
土木史班の皆さま、今後ともよろしくお願いします!

from テラナカ comment(0)


2010.07.26  上京決定

黒光りの3人 黒光りの3人
先日,情報シンポの査読結果が届きました.

今年は小林優一,山村洋平が1本ずつと藤田陽一が2本の論文を査読に提出しました.5月末の『せかせかとした』2週間を無事に乗り切り合計4本の論文を提出した次第です.

さて,10月の東京行きがかかっていた論文の査読結果はというと,
【モデル空間を用いた予備設計協議への点群データの活用】小林優一
【立面点群データにおける車道空間の属性分析】藤田陽一
【2種類の点群データによる落石箇所の予測と予備設計への適用】山村洋平
以上の3本の論文が通りました.ただし気を抜くことはできません.修正つきですので8月末までの1ヶ月間論文に取り組むことになります.

兎にも角にも,毎年の恒例となっている小林研の東京出張が今年も決定いたしました.
先輩の皆様方,10月に東京でお会いしましょう.



from 山村洋平 comment(1)


2010.07.25  ミニ卒  模型編(7月4日)

みんなで作った錦帯橋 みんなで作った錦帯橋
ミニ卒 岩国シリーズもこれで最後となりました。
最終日は、発表会と模型見学会です。

発表会では、これまでにCADで制作した錦帯橋をお見せしました。
それを踏まえ、作っている途中でわからなかった事を中村さんに質問しました。

しかし、錦帯橋は大工さんの長年の経験や勘で作られた部分も多く、口だけでは説明が難しい所も多々・・・
そこで、そういった部分は模型見学会の場で実際に橋を見て理解することになりました。

この模型は、錦帯橋実寸の5分の1サイズです。
しかも、自分たちで組み立てることができ、仕口も詳しく見てとれました。

なんと、上にのっても大丈夫!
のった時の軋み具合も木の橋ならではで、揺れるので怖がっている人もいた程。

ここで、岩国の皆さまとはお別れし、帰熊しました。

とても貴重な体験ができた岩国視察。
ここで学んだ多くの事をいかして、
更に錦帯橋CGを良いものに仕上げていきたいと思います。

岩国でお世話になった方々へ、本当にありがとうございました。
是非熊本にもいらしてくださいね。お待ちしています。

from 杉原浩実 comment(2)


2010.07.23  基礎ゼミ レポート

それぞれの白川 それぞれの白川
今年度の基礎セミナー『風景の発見』の
最終レポート講評会が終わり、
無事、成績が確定。全員合格です!


学生投票の結果は、
@チェ、A西、B上田、C柴田で、
この4編が他を大きく引き離しています。

小林のレポート限定の評価は以下の通り。

@西 :作品も、写真の仕上がりもきれい。
    夏の川の爽やかさが、伝わってきます。

A柴田:表紙も、地図も楽しそう。
    コピー機の調子が良ければ、最高でした。

Bチェ:良くできたレポートです。写真も美しい。
    もう少し、楽しいレポートでも良かった。

佳作

@武田:色彩豊かですが、肝心の写真がさびしい。
A堤 :特異点の分析はユニーク。裏表紙も良い。
B岩本:表紙は一番、内容も楽しいが、紐で減点

そのほか、発表も含め、印象に残ったのはこの3人

@長岡:写真は秀逸。もう一工夫あれば・・
A松永:発表も特異点も好感が持てました。
B桐 :写真のレイアウトは評価します。

以上
 入学時と比べれば、全員大学生らしくなったと思います。
 各人の今後の拳闘を祈ります。
 また、どこかで会いましょう。   

from ponts comment(0)


2010.07.18  KHTキャンプ2010

集合写真 集合写真
毎年恒例の小林研・星野研・田中研の3研究室合同キャンプに行ってきました。

直前まで雨続きでしたが、
当日は天気に恵まれ絶好のキャンプ日和です。
キャンプ初日、
まずは冷たい川の気持ちよさを感じながらの川遊び。
滝もあり、テンションが上がります。
川で遊んだ後は、ひとっ風呂浴びて宿泊地へ。
カレーとバーベキューに舌鼓を打ちながらの語らい。
あっという間に時間が過ぎていきました。

二日目は海へ。
やや日差しが強かったですが、まさに夏。
みんな海での遊びを満喫しているようでした。

川に海に夏の楽しみ満載のキャンプ。
幹事をしてくれた田中研の4年生、ありがとうございました。



from 高尾篤志 comment(1)


2010.07.16  ミニ卒 交流編(7月4日)

たくさんの方が関わっています! たくさんの方が関わっています!
さて、ミニ卒 岩国シリーズの第2回目です。
これからお世話になる中村さん、岩国市 錦帯橋世界遺産推進室の方々との懇親会の模様をお送りします。

利用させて頂いたのは「なごみ亭」という岩国駅の近くのお店で、どうやら中村さんはここの常連さん。
気さくな店主さんもいて、明るい雰囲気のお店です。

早速、錦帯橋に関する深いお話を聞いたり、、
岩国がどんな所なのかも教えて頂いたり、楽しい語らいの場になりました。

八百新酒造さんの「雁木」という岩国の名酒もおいしく頂きました。
これは日本酒で、すごくフルーティーな味わい。
しっかりラベルを頂いて参りました。

気分はすっかりほろ酔いですが、本番は翌日。

発表会、模型見学会に向けてエネルギーは満たん!
しっかりと充実したものにしましょう。




from 杉原浩実 comment(2)


2010.07.15  大出発

こんな闘いもある! こんな闘いもある!
いよいよ、真っ最中です。
道路を疾駆する巨大な帯が、
アルプスの麓を南下している。


フランスでは、サッカーで重い日々だったので、
もう一つの国技(の割りには、最近フランス人が勝てない)、
で盛り上がっています。

同じように、14日が終わると、
第1陣がヴァカンスに出発。
きっと、高速道路A6は混雑が始まっているはず。

昔、たまたまこの時期に北仏にいたことがある。
北欧ナンバーの車がライトを点灯したまま、
フランス縦断の旅を始めていた。
みんなニコニコ、野原で、昼食。

私も、端っこで、パンとリンゴをかじっていた。
「どこまでお出かけ?」と聞けば、
物価の安い、スペイン辺りで、
のんびりとのこと。

皆さん、働いている場合ではないですよ。
きっちり休んで、じっくり考えないから、
良い案が浮かばない。

ばたばたと、日々を重ねても
大金持ちになれるわけでも無し、
楽しく豊かで、知的な貧乏ぐらしを
したいものですね。


それにしても、今年の Tour de France、
フランス人に勝ってほしいなー。






from ponts comment(0)


2010.07.06  友 品川に集う

人に芸あり! 人に芸あり!
昼間に講演したかとか,
論文投稿システムについての打ち合せとか,
そういうことを証明するモノなにもない.


今回の上京で,確実なのは,
6人の卒業生と,旧交を温めたということだ.

S 君は相変わらず,誉めれば大杯も飲むし,
T 君は彼女に振られたらしいし....
K 君は,近々父親になるとのこと,
こいつは,,,あいつは:::::

みんな飲めば,数年前と変わらず,
楽しい仲間の集まりとなる.
そんな場所に,同席できるのは,
何よりの幸せである.

卒業生の皆さん,今度は,秋に
在校生全員で上京します.そのときは,
もっとたくさんの人が集まってくれると
良いですね.

七夕の前夜,秋の一年に一度の巡り会いを
約してそれぞれの家路につきました.

楽しかったね!!!



from ponts comment(5)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事