空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2010.02.12  1年間の成果

お疲れ様でした お疲れ様でした
平成21年度、卒業論文が提出されました。

4月に配属された4年生5名、
その1年間の研究の集大成となる卒業論文。
提出が無事完了しました。

各自の論文タイトルは以下のとおりです。

小林優一
「施工・管理における問題点を考慮したモデル空間の利用」
鶴我祥太
「積雪寒冷地における凍結防止剤散布計画へのLPデータの利用」
寺中愛瑛
「都市内中小河川管理への点群データの活用に関する研究」
藤田陽一
「MMSデータの属性分析およびオブジェクト化」
山村洋平
「2種類の点群データによる落石箇所の予測と予備設計への適用」

特に波乱もなく提出を完了した5人。
後は1週間後の発表に向けて練習あるのみ。
あと少し頑張りましょう!

from 高尾篤志 comment(0)


2009.12.18  やっと一段落...。

お酒がすすむね!! お酒がすすむね!!
今年の最終イベント、忘年会@「雑魚屋」。
一年間の苦労をねぎらい、
おいしい料理に舌鼓を打ち、お酒を酌み交わしながら、毎年恒例の出来事賞を決定しました。
詳細は以下の通り。

小林先生選出

1位 MMS関連
2位 情報シンポ論文3稿査読通過
3位 華燭の典シリーズ
番外:上村さん登場

学生選出

1位 ソフトボール大会
2位 坂口さんインド旅行記
3位 ミニ卒の失敗
番外:裕子さんのコメント

今年一年を振り返り、楽しい思い出、
研究関連の苦労などを語り合いました。
明日からは年明けの西部支部論文投稿に向けて、研究に取り組みましょう!!

from 寺中 愛瑛 comment(0)


2009.12.02  第2回MMS現地調査

対象地からの眺め 対象地からの眺め
冬空の澄んだ晴れの日に、第2回目となりました現地調査に行ってまいりました。

目的地は阿蘇。それから西原村です。

研究を進めるために、落石予備物質等の現場の状況を調査しに阿蘇大橋を横目に見ながらYMCAキャンプ場付近にある対象地へと急ぎました。

今回の写真では、現場にある落石予備物質のおおよその位置と道路沿いに設置された落石対策工(防護工:落石防護柵)についての情報を得てきました。

そろそろ卒論の構成も何となくですが固まってきたところ。この調査が形となって文となって論文を形作っていくことでしょう。

それにしても空気がおいしく天気良く、現地調査にはもってこいの一日でした。

from 山村 洋平 comment(0)


2009.11.21  SB大会

勇者たち+1 勇者たち+1
11月21日ソフトボール大会が開催されました。

前日の飲み会で飲みすぎたため、一同そろって体調不良。

まず、一回戦の対戦相手は溝上研。
相手チームには、女の子が3人いたためハンデ戦。
いきなり0−6のビハインド+二日酔い。
しかし、いざ試合が始まると体は動くもので、見事7−6で逆転勝利。
2回戦目の相手は滝川研。
接戦の末、結果は引き分け。勝敗はじゃんけんで決めることに。
勝てば、決勝リーグ行き決定。

この勝負に、小林研代表の九鬼さんが見事勝利!!!

九鬼さんいわく、人生初の胴上げで喜びあっていると、
実は、じゃやんけんする前から決勝行きはきまっていたらしい・・。ぬか喜び・・。

昼から、決勝リーグで大本研と対戦。
午前中の胴上げで力を使い果たしたのか、惜しくもここで敗退。

たまには汗を流すのも良いものですね。
私は冷や汗をかきましたけど・・。



from 藤田 陽一 comment(0)


2009.11.20  Autodeskが目指すBIMとは??

真剣です!! 真剣です!!
熊本大学のプロジェクトゼミナール「建設コラボレーション技術ゼミナール」という科目の特別講演会が開かれました。
講演者は、米国Autodesk株式会社 福地 良彦氏です。

土木建設業界でもアクションプログラム 2008 が策定され、3 次元データの利活用が議論、そして“作成”されています。本当に 3 次元データは活用されているのか?単なる可視化になっていないのか?
オートデスクでは、現在の 3 次元データの在り方の1歩先行く BIM コンセプトを提唱されており、BIM による土木建設業界のイノベーション、単なる3次元設計ではなく、BIM ベースの建設事業推進プロセスをご紹介されました。

建設業界における3次元データの利活用の現状を理解できた、大変有意義な勉強会でした。









from 寺中 愛瑛 comment(0)


2009.11.19  MMS親睦会!!

餃子!!! 餃子!!!
11月19日、株式会社WESCOの宮下征士さんが来校され、MMSゼミが行われました。

卒業論文提出まで3カ月をきった、MMS班の3名(寺中、藤田、山村)。自分達の進捗の報告を行い、宮下さんにご意見を頂くことで、残り3カ月でやるべきことが見えました。

ゼミの後は、宮下さんお気に入り、
餃子屋弐ノ弐へ。
お酒を飲み、大量の餃子を食べながら、実業務の話や「GC」など色々な話で盛り上がりました。

今日のゼミ、飲み会で頂いた意見をもとに今後研究を頑張っていきます!!

from 藤田 陽一 comment(0)


2009.10.23  小林研同窓会

大人数!! 大人数!!
今年も恒例の小林研同窓会@新宿。
当日の情報シンポの発表の打ち上げも兼ねて、小林研の卒業生である先輩方と顔を合わせての飲み会が開かれます。
今年は新宿の「京町恋しぐれ」という、和風の造りの洒落た居酒屋です。卒業しても「小林研に別れなし!」という先生のお言葉通り、先輩方はみんなそれぞれ再会を懐かしがったりして楽しまれていました。
二次会ではより親密に先輩方と交流させていただき、就職の話や人生の話など、とても参考になるお話を聞かせていただきました。

今回の飲み会では小林研のお会いしたことのないたくさんの先輩方に出会えました。これから就活などでいろいろとお世話になりますが是非ともよろしくお願いします。

来年もまた東京でお会いしましょう!


from 寺中 愛瑛 comment(0)


2009.10.23  情報利用技術シンポジウム

かっこいい! かっこいい!
10月22、23日に東京の四谷にて『土木学会 情報利用技術シンポジウム』(以下、情報シンポ)が開催されました。
小林研からはM2九鬼、坂口、M1高尾が発表行いました。

各自タイトルは
「航空LPデータを用いた山岳地帯道路の散水融雪設備計画」(九鬼)
「MMSデータを用いた視距改良設計」(坂口)
「地形設計初期段階への立方体地盤モデルの適用」(高尾)
です。

有識者や専門家の方々からの厳しい質問が飛び交っていましたが、
3人とも堂々とした受け答えをされており、先輩方の貫録を見せつけられました。

僕らにはまだ先輩方のような論文やpptを作る技術はありませんが、来年にはこの場に僕たちが立って発表ができるように努力していこうと思います。

from 寺中 愛瑛 comment(0)


2009.09.28  エンコミ最終発表会

和やかかつ真剣に 和やかかつ真剣に
B1対象の講義「エンジニアリング・コミュニケーション」の最終課題発表会が行われました。

自身が受講していた頃から3年・・・。
成長したかな〜などと昔を懐かしみつつ先輩面で発表を聴いていました。

この課題は、グループ作業なのですが、毎年個性豊かな作品の出るものです。
今年も期待通り個性溢れる作品ばかりでした。

また例年通りの先生による厳しい指摘もありました。
それに対し、自分の意見で強く反発する班もあれば、すぐに謝罪する班も。作品だけでなく発表の善し悪しもはっきりと出る会となりました。

今日学んだことを生かし、今後も頑張りましょう!



from 鶴我 祥太 comment(0)


2009.09.04  今日くらいゆっくり

一段落 一段落
全国大会発表お疲れ様会&院試お疲れ様会を兼ねた、前期統括飲み会が開かれました。

4年生にとっては研究室配属から5ヶ月が経ち各自院試も終えたところでの、今後の展開を話す場となり
一方で、M1、M2の方々は、発表お疲れ様会ということで、全体的に和やかな雰囲気で会は進みました。

皆さん若干お疲れ気味の表情でしたが、見方を変えるとホッとした様にも見えました。

これからは各自様々な発表等が控えています。
後期も頑張りましょう!!

from 鶴我 祥太 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事