空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2016.01.29  修論提出!

ニコニコで提出! ニコニコで提出!

1月29日
本日ウイナーさんが修論を提出しました。

ウイナーさんは早い時期から毎日遅くまで残って
修論の執筆に取り組んでおられました。
その結果、余裕を持って完成させることができ
今日は朝から「早く出しましょう」とウズウズしてました。
ニコニコしながらの提出でしたが
学年全体では3人目で、「1番じゃなかった〜」と悔しがっていました。
残すは最終発表のみです。
2年間の集大成をしっかり、発表していただきたいです。
ひとまず、お疲れ様でした。

ウイナーさんの計画的で余裕を持った論文執筆を見習って
4年生も卒論提出に向けて頑張ります。


from 水野 純生、中嶋 陽 comment(0)


2016.01.26  CAD演習 最終課題講評会_その2

受賞おめでとうございます! 受賞おめでとうございます!
1月26日にCAD演習最終課題の講評会をおこないました。

先週研究室内で選抜された表彰候補者10人に
レポートとCADデータを用いて発表をおこなってもらいました。
その橋梁を作成した経緯やこだわった点
挑戦したかった点や反省点について説明がありました。

以下、発表を踏まえて決定された受賞者です。

*最優秀賞*  
国内部門 : 藤本 馨「東京ゲートブリッジ
シンプルな形状ですが忠実に再現されており、リアリティの高い作品でした。作成した橋梁の見せ方(キャプチャの撮り方)も高く評価されました。

国外部門 : 平野 力也「ハーバーブリッジ
今回提出された作品の中で、最も細部まで作り込まれた作品でした。歩道と車道や欄干部およびその装飾まで、こだわって作成されている点が評価されました。

*技能賞*
山村 明史「レインボーブリッジ
最優秀賞の2作品と比べて、橋梁の見せ方やレポートの完成度として劣る部分がありましたが細部までこだわり、
学んだCAD技術が十分に発揮されている点が評価されました。

*キャプチャ賞*
高橋 瑠衣「ベルシー橋
作成した橋梁は石橋と、造形はシンプルであるが、
そのシンプルな橋梁の特徴を表現できる視点をみつけている点が評価されました。

*日本の文化賞*
和田 侑佳里「錦帯橋
アーチ橋や斜張橋など現代技術により作成された橋梁の作品が出揃う中、木造橋を選び、
細部まで作成した点が評価されました。

今年の作品は全体的にレベルが高く、賞をつけ難かったです。
講義や課題を通して学んだ技術を今後生かしてもらえたらと思います。
CADに興味を持った人、さらに技術をつけたい人などは
ぜひ小林研にきてください!

from 川崎仁美 comment(0)


2016.01.19  CAD演習 最終課題講評会

講評会の様子 講評会の様子
CAD演習最終課題の研究室内での講評会がおこなわれました。

最終課題の内容は、「立野地形に橋梁をモデリングしよう」です。
現存する橋梁を作成し、立野地形に架けてもらいました。

評価ポイントは
@より高度なCAD技術を使っているか 
A実現可能な土木構造物になっているか 
Bレポートとして完成度が高いか
の3点です。

中間課題の際は、全体的に作品の質が落ちており
最終課題でどのような作品がでてくるか不安がありましたが、
その不安とは裏腹に非常に完成度の高い作品が出そろいました。
その中から10人の表彰候補者が選出され
来週の講評会において発表してもらいます。

以下、10人の表彰候補者です。
@井芹優一 「神戸大橋」
A碓井博希 「昇開橋」
B高橋瑠衣 「ベルシー橋」
C原山将也 「九重夢大吊橋」
D平野力也 「ハーバーブリッジ」
E藤本馨  「東京ゲートブリッジ」
F松本佳子 「長浜大橋」
G山村明史 「レインボーブリッジ」
H和田侑佳里「錦帯橋」
➉八谷将心 「生名橋」

来週の発表を楽しみにしています。


from 川崎仁美 comment(0)


2016.01.08  小林先生のコメントが掲載されました

掲載内容 掲載内容
オリエンタルコンサルタンツ株式会社が発行している作品集LEGACY―未来へつながるインフラ―の橋梁部門に小林先生が携わった新阿蘇口大橋が紹介されました。

関係者からの一言として先生のコメントも掲載されています。
以下、LEGACYより引用
「ちょっと新しく、かなり良い姿」がデザインの信条である。この橋もそうあって欲しい。色について相談を受けたが、この色で良かった。むしろ気になったのは、熊本から阿蘇に行くとき、徐々に開けてくる右手にどれほどの大きさで橋が見えるかということ。手前の木々を残せるか、電柱を撤去できるかを議論した。阿蘇から降りてくるとアーチは市内への門になり遠くに街の灯が見える。絶妙の位置に橋は架けられた。

これから阿蘇に行くのがもっと楽しくなりそうです。


from 長崎 怜 comment(0)


2016.01.07  増田さんから差し入れをいただきました!

栄養ドリンク 栄養ドリンク
研究室のOBでベアールートシステム株式会社にてご活躍されている増田 敦彦さんが研究室に来てくださいました。

これから卒論や修論など年度末に向け、論文執筆で忙しくなるだろうということで栄養ドリンクを差し入れてくださいました。

研究室一同、若さに加えてこのドリンクから得た元気をフル活用して、質の良い論文になるよう頑張ります。

ベアールートシステム株式会社の増田さん
素敵な差し入れ、ありがとうございました。


from 長崎 怜 comment(0)


2016.01.06  新年 おみやげ会

あけましておめでとうございます あけましておめでとうございます
新年、あけましておめでとうございます。

2016年に入り、本日から研究室が始動します。
まずは、毎年恒例のおみやげ会をおこないました。
3年生の仮配生も含めた研究室メンバーそれぞれが
地元のお土産を持ちよりました。
今年は、「黒糖ドーナツ棒」、「通りもん」など定番のおみやげや
「炭坑節」、「鶴乃子」など
今年は甘いお菓子が多く集まりました。

今年のおみやげ会、人気投票の上位結果は、

1位 角煮まん(長崎)
2位 唐揚げせんべい(大分)
3位 ふろらんたん(熊本)

となりました。
ランキングにははいりませんでしたが、
ウィナーさんが韓国から「龍のひげ」という
おみやげを持ってきてくださり、
外国のお菓子を経験することができました。
みんなで楽しく頂きました。
ありがとうございました。

今年度も終盤です。
まずは、西部支部、卒論、修論と
それぞれの目標に向けて頑張っていきましょう。
今年もよろしくお願いいたします。

from 中嶋陽 comment(0)


2015.12.23  小林研忘年会 2015

2015年お疲れ様でした 2015年お疲れ様でした
2015年の小林研忘年会は”十八番”で行われました。


今年のできごと賞
ノミネートはこちらです。

「曾木の分水路 景観賞受賞」
「頑張ったJACIC助成研究」
「全員で情報シンポジウム」
「スマートフォン壊れる」
「頑張った査読論文」
「川崎さん 工学部長賞受賞」
「森川氏の祝賀会」
「パソコン勉強会」
「異例のCAD演習」
「川崎さん 河川学シンポジウム」
「苦難の大分川ダム」
「全国大会」


”スマートフォン壊れる”からはじまった2015年の小林研。
1年を振り返ると、全員で臨んだ情報シンポジウムや査読論文など、努力の一年となったように思います。
また、曾木の分水路の景観賞受賞や川崎さんの工学部長賞受賞など、努力が報われる評価も頂き、今後のモチベーションにもつながります。

また、ひとこと賞として、
2015年8月に投稿された水野純生くんの
「さしより六分」が選ばれました。
記事として残ることで、小林先生の教えを
みんなで振り返るいい機会になったのではないでしょうか。

本日の忘年会では、おいしいお酒、おいしい料理、
楽しいおばちゃんとともに
小林研での1年間をみんなで振り返ることができました。

年があけると修論、卒論との戦いが待っています。
2016年も研究室一同”少数精鋭”で乗り越えていきましょう!

それでは皆様よいお年をお迎えください。

from 中嶋陽 comment(0)


2015.12.07  FVとUAVの見学に行ってきました

見学の様子 見学の様子
12月5日に、研究室のドクターの吉田さんが経営されている旭測量設計株式会社さんがされた、FVの設置・動作状況の確認とUAVの飛行試験を研究室OBの野間さん(熊本県企業局)、修士2年のウィナーと学部4年の長崎の3名で見学してきました。

場所は熊本県上益城郡益城町杉堂にある潮井水源です。

潮井水源のFVは荒瀬ダムのFVよりも低く設置してあり、より間近で見ることが出来ました。加えて、耳にすることは増えたがなかなか実際に見る機会は少ないUAVに関しても、組み立てや操縦から課題点などまで幅広く教えていただきました。

また、野間さんからは移動の車中や潮井水源で荒瀬ダムでのFV使用にあたって起きた出来事や活用内容などを詳しく解説していただき、とても勉強になりました。

吉田さん、旭測量の皆さん、野間さん
大変貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
また、機会がありましたらぜひご指導ください。

from 長崎 怜 comment(0)


2015.12.01  CAD演習 中間課題講評会

学部2年生を対象に後期に開講されている講義「CAD演習」の
中間課題講評会を行いました。

今回の課題は、
「社会環境工学科のイメージキャラクターをつくろう!」です。
・CAD技術
・コンセプト
・レポートの完成度
・かわいさ
の4点の評価ポイントより選出しました。
 
優秀作品は以下の通りです。

最優秀賞
藤本 馨  【防災ナマ's

技能賞
山村 明史 【どぼくまくん

アイディア賞
松本 佳子 【シビルエンジニアレンジャー

キャラクター賞
渡邉 智美 【どぼくのこ
 
佳作
田原 正隆 【しびる えん造
山口 瑶一朗【シビル熊
渡邉 奏也 【景観警官鶏(けい)ちゃん


講評会の感想としては、
昨年よりも全体的に作品の質がおちていたように感じられました。
また、課題作成中に良い作品があったにも関わらず
レポートの完成度が低いために評価されなかったものも多々ありました。

授業の最後には最終課題が控えています。
計画的に課題に取り組み、よりよいものを追求しながら
課題の作成をおこなってください。
中間課題よりも質の高い作品が多々でてくることを期待しています!

from 川崎仁美 comment(0)


2015.11.04  卒論中間発表

余裕の姿 余裕の姿
本日、4年生の卒論中間発表がおこなわれました。

以下、発表者とタイトルです。

長崎怜
「点群データを用いた堆積量算出システムの構築」
水野純生
「3次元土質柱状図自動作成システムの構築」
中嶋陽
「CIMデータの学習教材としての活用」

今年の発表は男性2人がシステム系で、女性1人がCIM系でした。
pptの作成には余裕があり、2週間だけで完成することが出来ました。
また、先月情報シンポでの発表をおこなったため
今回の発表は極度の緊張もなく、スムーズな発表でした。

卒論最終提出まであと3ヶ月です。
それに向けてまた頑張っていきましょう。
皆さん、お疲れ様でした!


from ウイナー comment(0)


2015.11.04  4年生中間発表打ち上げ&仮配属歓迎会

これまでより大勢になりました! これまでより大勢になりました!
4年生の中間発表の打ち上げと3年生の仮配属の歓迎会を兼ねて飲み会が行われました。
会場は鳥達です。

まず、小林先生から4年生の中間発表に関してのお言葉を頂きました。
4年生それぞれにアドバイスを頂いたので、最終発表に向けて改善していきましょう。

続いて、3年生の自己紹介です。
3年生は単位数が危ないひとが多いので、4年生に上がるための具体的な手段を決めました。
「半年は受験生」のつもりで、しっかり頑張りましょう。

3年生、4年生ともに、これから春に向けて大変な時期になります。
研究室みんなで協力して、頑張っていきましょう。

from 水野 純生 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事