空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2015.10.23  情報シンポ 査読論文執筆中

真剣! 真剣!
先日、土木学会での論文発表を無事に終了し
今年も査読論文投稿の時期がやってきました。

投稿予定の論文は4本です。

今年は4年生も査読論文の執筆をおこなっております。
発表により得られた意見も含めて論文の内容について再考し
議論・添削を繰り返して執筆を進めています。

締切まであと3日!
投稿するすべての論文が審査を通るよう
投稿者のみでなく、研究室一丸となって取り組んでいきましょう!



from 川崎仁美 comment(0)


2015.10.09  新宿同窓会2015

情報シンポの後、毎年恒例の新宿同窓会が行われました。

幹事は昨年卒業された加藤楓さんがしてくださいました。

今年は小林先生も都合が合い、
久しぶりに会ったOBの方々を次々指名してお話ししていて、
終始盛り上がっていました。
私たち4年生は、初めてお会いする先輩方が多く、
お聞きするほとんどの話が初めて聞くもので
たった一夜でとても見識が広がりました。

来年はもっと多くのことを理解して学べるよう
これからの1年間成長します。


from 長崎 怜 comment(0)


2015.10.08  情報シンポ2015

堂々とした発表姿 堂々とした発表姿
10月8、9日に土木学会にて、「第40回土木情報シンポジウム」が開催されました。

小林研からは以下7つの論文を発表いたしました。

藤田   「モデル空間のデータ構成とその運用に関する提案」
吉田   「時間軸をベースとした河道管理」
ウィナー 「既存ボーリングデータを用いた3次元土質柱状図自動作成システムの構築」    
川崎   「CIMデータの運用に関する一考察」
水野   「複数の既存データを併用した河川管理CIMモデルの提案」
中嶋   「景観検討モデルとしての3D-CADの活用」
長崎   「点群データを用いた堆積量算出システムの構築」

今年も多くの論文の発表を行いました。
4年生は初めての論文発表で、皆とても緊張していました。
発表直前まで、pptの修正や発表練習を何度もおこなったことで、
無事に発表を終えることができ、
聴講者からの質問にも落ち着いて答えることができていました。
今回の情報シンポへの参加は、
今後の発表や研究等を考える上で大変貴重な経験となりました。

発表後は、毎年恒例新宿同窓会が開かれましたが
その様子は別記事にて掲載いたします。

from ウイナー comment(0)


2015.10.06  CAD演習2015

今日から演習です! 今日から演習です!
今年も9月29日に学部2年生を対象とした
CAD演習の授業が始まっています。

初回の授業では、図面読解力を養うために
土木製図の用語等の概要について学び
実際に図面から橋梁のスケッチをおこないました。
2次元図面を頭の中で3次元的に理解することは非常に難しく
学生のみんなは苦戦している様子でした。

そして、本日第2回目の講義からは
実際にCivil3Dを用いた演習が始まります。
はじめてのCADソフトに戸惑う学生もいましたが
TAの助けを得ながら真剣に取り組んでいました。

再来週からはいよいよ3次元でのモデリングです。
これからの演習を通して、
最終的にどのような作品が完成されるのか楽しみです!



from 川崎仁美 comment(0)


2015.09.29  グッドデザイン賞受賞しました

大甲橋からの眺め 大甲橋からの眺め
白川/緑の区間が2015年度グッドデザイン賞を受賞しました。

緑の区間事業は、小林研にIT班と景観班が存在している頃に学内での検討が始まったプロジェクトで、10年以上の歳月を経て、今年の4月に完成しました。

大学での検討が始まる前より、長い時間をかけて、市民との合意形成が行われてきており、その歴史的な変遷自体が河川空間の風景を形作っている点などが評価されました。

緑の区間は、「最終的には30年度に「緑の区間」として安定した風景となるようにする」ことを目標としているため、今後も緑の区間の成長を見守っていきたいと思います。

グッドデザイン賞ホームページ

from 中島 幸香 comment(0)


2015.09.24  歴史と空間 ポスター講評会

学生投票で選ばれた3枚! 学生投票で選ばれた3枚!
歴史と空間のポスター講評会が行なわれました。

学生投票の結果、選ばれたのは

1位
 14班 水面に映る写し絵(117ポイント)
2位
 11班 安政橋 さんぽ (76ポイント)
3位
  4班 安巳橋 blue×3 (70ポイント)

でした。

評価されたポスターは、アイデアや細部へのこだわりとともに、デザインできていました。
この授業で学んだことを、この先も活かしていきましょう。

from 水野 純生 comment(0)


2015.09.17  土木全国大会

初の外部講演! 初の外部講演!
小雨が降る中、第70回年次学術講演会が岡山で開催されました。


例年通り、今年も小林研から1名(+1名)が発表しました。
川崎(M1)  「CIMデータの運用に関する一考察」
加藤楓(前建)「ダム周辺整備計画への空間シミュレータ利用に関する研究」

昨年度は、西部支部発表会に参加していないため、
初の外部講演となりました。

少し緊張気味でしたが、専門家の方々の質問にも何とか答えていました。
場数を踏んで、慣れていきましょう。

次回は、来月の情報シンポです。
頑張りましょう。



from 藤田 陽一 comment(0)


2015.09.14  修論中間審査2015

修論中間発表 修論中間発表
修士論文の中間発表がありました。


教授や他の研究室の学生もたくさん参加し、
緊張感のある雰囲気の中、堂々と発表されていました。

タイトルは以下の通りです。
ウィナー「Proposal of Using Model Space through Redevelopment Plan of Shinsuizenji Station」

2年後、私も後輩に堂々と発表する姿を見せられるように努力しようと感じました。
修論発表まで、約5ヵ月。
限られた時間を有効に活用し、納得のできる発表ができるように頑張ってください!!


from 中嶋 陽 comment(0)


2015.09.07  基礎セミナー 最終レポート

ベスト3、佳作3 ベスト3、佳作3
今年度の最終レポートが出そろいました。
ベスト3とおしかった佳作3を発表します。


ベスト3
1:田中菜奈さん
授業内容(眺望-隠れ家理論など)に着目して写真を撮り、特異点を選んでいました。特異点の説明やレポートの構成も丁寧でした。

2:上村雅則さん
発表会の指摘を活かして、景観要素も取り入れた探索をしていました。特異点の写真がきれいでした。

3:塩手雄太さん
白川の橋を6つも取り上げて、それぞれの特異点探索をしていました。


佳作
4:瀬口尚英さん
LP(局所的特異点)の種類に着目して、特異点をつくる要素を分析していました。写真がとても粗くておしいなと感じました。

5:岩間由記さん
発表会の指摘を活かして、特異点探索をしていました。途中から写真の紹介になっていたのでおしいなと感じました。

6:吉良倫太郎さん
悪天候を問題視していましたが、撮り直されていませんでした。視点場はすごく良かったのに工夫がおしいなと感じました。


最終レポートでは、授業や先生の指摘から学んだことを重ね合わせながら特異点を探し、天候や時間など特異点探索にこだわっている人が多く見られました。また、考察では基礎セミナーでの課題を通して、「大学での勉強の仕方を学んだ」と書いている人も多く、ぜひこれからの大学生活に活かしてもらいたいと思いました。
1年生のみなさん、おつかれさまでした。


from 中嶋陽 comment(0)


2015.09.01  橋をかけずに、橋渡し

いつもの笑顔 いつもの笑顔
橋梁新聞に
小戸之橋掛け替えの
経緯を書きました。


原稿がすべてなので、
読んでください。

原稿はこちらから。

訂正:小学校33年生は、勿論3年生です。
    →訂正し、陳謝します。

  原稿のチェック体制を見直す必要があります。

  頑張れ秘書さん!!


from ponts comment(0)


2015.09.01  岡山産黄金桃

岡山産黄金桃 岡山産黄金桃
先日のメロンに続いて、研究室に綺麗に実ったももが箱いっぱい届きました。
実家が岡山にある藤田さんの夏休みの帰省のおみやげです。

研究室の隣のリフレッシュルームに新聞紙を広げる恒例の作業をこなしたあと、入刀。
小さく切り分けてみんなで頂きました。
食べるには、やや早かったようで2玉ほど食べたところで
残りは次回、来週ごろに食べることになりました。
普段このような立派なももを食べることがない自分は、食べるには早いとは気付かずに普通に食べていました。
次回熟してもっと美味しくなったももを食べられると思うと、楽しみでしかたがありません。

藤田さん、大変美味しい桃をありがとうございました。
次回熟した残りの桃も美味しく頂きます。

from 長崎 怜 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事