空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2006.04.06  D論ゼミ

三種三様 三種三様
新年度がスタートして、息つく暇もなくD論ゼミが開催されました。

昨年度の後期に入学した毛利さん、4月に進学した中島、増山の合計3人にとって、第一回目のドクター論文ゼミです。
それぞれレジュメと線表を手に、小林先生、星野先生、田中先生という強力なタッグに向かっていきましたが、結果は・・・。
しかし、3人とも、気合いを入れる良い機会になりました。

D論ゼミは毎月開催され、隔月に発表担当者が変わります。
次回は先生方3人による研究発表をしていただく予定になっています。
今年はさらに研究モードの研究室です。

from Y.Nakashima comment(0)


2006.04.05  IT班/洪水・避難シミュレータゼミ

MASを用いた洪水・避難シミュレータのゼミを@熊大デジスタで行いました。

当日は、研究室の垣根を越えた研究ということで、応用海岸研の山田先生、迫君。学外からは社会人ドクターの上野さん、八代工業高等専門学校の橋本さんにお越し頂き、今後の研究の方向性について議論しました。

関係者の皆さん、今後ともよろしくお願いします。

from W.Shiiba comment(0)


2006.04.05  新任教員:田中尚人先生

田中研紹介 田中研紹介
以前から小林先生や星野先生、また学生と親交のあった田中尚人先生が熊大土木の助教授として赴任しましたされました。

今日の田中先生は新四年生に向けて、新しい研究室『地域風土計画研究室』の紹介をしました。(おすすめの本として「アースダイバー」「ファスト風土化する日本」「国家の品格」を紹介)これで計画系は、小林&星野研、溝上研、柿本研そして田中研の4研究室体制という充実ぶりです。

田中先生の体育会系な風を小林研に吹かせてください!よろしくお願いします!!

from K.Masuyama comment(2)


2006.04.01  学術研究員:本田泰寛

資料調査中 資料調査中
本田さんが今年度、小林研の学術研究員となり、工学部一号館4階に在籍することになりました。

配属は小林研ですが、田中尚人先生の新しい研究室のお手伝いもしていきます。今年度の田中研は四年生のみなので、公私において良き兄貴という存在になるでしょう。もちろん、小林研でも兄貴っぷりを発揮してくださいね!

from K.Masuyama comment(0)


2006.03.31  九州デザインシャレット2006始動!

まだキンチョー気味 まだキンチョー気味
九州デザインシャレット2006の学生ミーティングが熊本大学で行なわれました。

第0回と称したミーティングでは、九州大学、九州工業大学、福岡大学、熊本大学から集まった総勢10名の学生スタッフの顔合わせが行なわれました。当研究室からは、中島(D1)、鶴丸(M1)、遠山(B4)がスタッフとして参加することになりました。ミーティングでは早速、各自に仕事が割り振られ、徳島隊スタイル(「八甲田山死の彷徨」参照)でのスタートを切りました。

今年のシャレットは、前年の宣言通りに熊本での開催となります。対象地については、また後ほど・・・。昨年同様、いや、昨年以上に中身の濃いシャレットとなることでしょう。

シャレットの動向については、シャレットブログ・スタッフ通信(更新再開予定)でご確認ください。

この10人部隊で、今年はどのような味付けがされるのでしょうか、とても楽しみです。

from Y.Nakashima comment(0)


2006.03.24  西部支部 優秀講演者賞 受賞

喜びと感謝 喜びと感謝
小林研新M2の椎葉航と新M1の鶴丸が、3月4日に宮崎大学で開催された平成17年度土木学会西部支部研究発表会において優秀講演者賞を受賞しました。

椎葉航は昨年度に引き続き、連続受賞です。おめでとうございます。
この賞は研究成果をわかりやすく豊かな表現方法で発表した者に贈られるものだそうです。

今回の賞を受賞するにあたって、ご指導していただいた先生方をはじめ、日常においても私を支えてくださった先輩方やその他全ての人々に深く感謝致します。

この賞に恥じぬように今後とも研究等に努めて行きたいと思います。

from W.Shiiba & Y.Tsurumaru comment(0)


2006.03.24  土木環境系優秀賞 受賞

胸をはって 胸をはって
小林研4年(新M1)の山田が土木環境系優秀賞を受賞しました。この賞は、「学問、スポーツ、ボランティアなどの社会活動、その他で活躍が顕著であり、優秀であると認められる者」に表彰されます。卒業式の際に表彰され、豪華な盾を頂きました。

受賞するという話は聞いていたものの、あまり喋っていなかったので卒科式に出席してた方の中には驚いた方もいたようです。「なんで?」と聞いた先輩もいらっしゃいました。

その意見は正しくて、受賞したものの、まだまだこの賞に相応しい人間にはなれていないように思います。これから更に努力して、この賞に恥じることのないようにしていきたい所存です。それでも、この賞を頂けたのは、先生方や友人の支えがあってこそだと思っています。ありがとうございました。私事ではありますが、決意と感謝の意を述べて文の結びと致します。

from Y.Yamada comment(0)


2006.03.24  平成17年度 卒業式

卒業式 卒業式
この日はやってくるものです、卒業式。昨年に引き続き天候にも恵まれ、花束をもらったみんなは晴れやかな表情でした。

今年の謝恩会では、卒業生から小林先生へ手帳、星野先生にはスーツバッグをプレゼント。なかなか選ぶのに苦労をしていましたが、小林先生と星野先生の心はギュッとつかんでいました。二次会では、在校生からの想いがつまったコンピCDが、このたび小林研を巣立つ、橋本大志さん、松尾和人さん、山口修平さんに手渡されました。
 卒業生の皆さん卒業おめでとうございます!
 小林研に「わかれなし」!!

from Junior comment(1)


2006.03.22  アトリエ引越し

新アトリエは・・・ 新アトリエは・・・
 1号館改修に伴い、アトリエが新装しました。場所は1号館4階の西端です。新アトリエの広さは、今までのアトリエの約2.5倍。写真撮影ができる暗室のような場所も完備しています。

 大量の模型や材料を移動させ、運搬されてきた机・イスを掃除・整理。全てを1日でやるのは不可能で、結局あわせて2日で行いました。授業で使えるように机を15グループ分作りました。これで2年生の授業での模型作業もアトリエで不自由なく行えます。この部屋を訪れた人はその広さと設備の充実具合に驚きます。今は模型が机の上に乗っていて雑多な感じですが、後により綺麗でより広い部屋になるでしょう。写真ではどう撮っても収まらないこの部屋。訪れるのを楽しみにしていてください。

from Y.Yamada comment(0)


2006.03.11  明治三大築港シンポジウム

今年の三角西港は・・・ 今年の三角西港は・・・
宇城市三角町の三角西港にて「講演会」&「明治三大築港シンポジウム」が開催されました。熊本大学からは、小林一郎教授が「明治三大築港シンポジウム」のコーディネーターとして参加しました。

この「明治三大築港シンポジウム」は、明治三大築港といわれる宮城県の野蒜築港(のびるちっこう)、福井県の三国港、熊本県の三角西港が行なっているシンポジウムです。シンポジウムでは、各港の紹介と、活動内容の発表が行なわれました。唯一港が完璧な形で残っている三角西港は、野蒜築港、三国港に負けずに、「子供たちが自慢できる町」として、港を中心としたまちづくりが行なわれていくことを期待して、シンポジウムは幕を閉じました。
今回のシンポジウムは、三大築港シンポジウムの区切りとなり、また、三角西港においては、何かしらの起爆剤となったようです。今後の三角西港の動向が大いに注目されます。


from Y.Nakashima comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事