空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2015.06.24  日経コンストラクション掲載

命題は機能向上と景観保全の調和 命題は機能向上と景観保全の調和
日経コンストラクション6月22日号「土木のチカラ」に、白川・緑の区間についての記事が掲載されています。

緑の区間の整備経緯やコンセプトなどについて丁寧にまとめて頂きました。是非、お手にとってご覧ください。

白川・緑の区間は小林研に「IT班・景観班」がある時代より多くの人が携わってきたプロジェクトです。HPをご覧の卒業生の方々にも一度足を運んでいただきたいと思います。

from 中島 幸香 comment(0)


2015.06.24  「CIMを学ぶ」の記者発表

「CIMを学ぶ」の表紙 「CIMを学ぶ」の表紙
 6月23日,JACICと熊大の共同研究「CIMを学ぶ」の記者発表が行われました。

 内容は国土交通省九州地方整備局が実施した河川激特事業「曽木の滝分水路」(鹿児島県伊佐市)などに注目して、CIMとはなにかについての解説です。

 CIMが少しずつ世間に認知され始めていますが、3DのCADデータを作ることがCIMであると誤認してい方もいらっしゃるようです。これを機に正しくCIMについて認識してもらうとともに、もっと普及が進むことを願います。 


from 長崎 怜 comment(0)


2015.06.22  2015年度 入刀式

毎年恒例 毎年恒例
 今年度も研究室に初夏の便りが届き、
毎年恒例の入刀式が行われました。

 研究室のお隣にあるリフレッシュルームに新聞紙を広げて、カメラを構えて準備完了。満を持して登場したメロンの予想以上の大きさと量に驚きました。

 カメラの電池がなくなるなどのハプニングもありましたが、無事にきれいに縦縞に沿って入刀。

 一番に食べた先生の感想を聞き
それに続こうとした自分でしたが、美味しそうなメロンを前に一番後輩であるということを忘れてしまい「お前は先輩たちの後だ」と先生にたしなめられました。

 小林研一同お腹いっぱい頂きました。齋藤家の皆様のご厚意には心より感謝いたします。

ありがとうございました。


from 長崎 怜 comment(0)


2015.06.22  福地さん講演会

講演会の様子 講演会の様子
 本日(6月19日)は社会環境工学セミナーで小林研OBであるAutodeskの福地良彦さんが来熊して講演を行ってくださいました。

 この授業は普段大学院で開講されている授業ですが、今回は学部三年生も一緒に聴講しました。

 内容はAutodeskについて、CIMについてでした。丁寧にまとめられた動画付きのスライドを使って説明してくださりました。講演の他にも個人的にインターンシップについてや、Infraworksの使い方やシステムについても詳しく教えて頂きました。

福地さんお急がしい中ありがとうございました!


from 長崎 怜 comment(0)


2015.06.19  小雨の中

みんなワクワク みんなワクワク
土木史ツアー
立野編


立野ダム建設予定地の近くにある、
立野橋梁と第一白川橋梁の見学をしました。

参加者は皆、
大満足の一日で、
昭和初期の橋梁の迫力を満喫しました。

国交省立野ダム工事事務所と
南阿蘇鉄道の皆さんには
大変お世話になりました。



from ponts comment(0)


2015.06.12  When 64

When I get older losing my hair
・・・・・
というとぼけた歌がはやった。
学生が知らないと言うことに驚愕した。




そのLPは、ゴタゴタして奇妙で、
全体に印象が薄い。
ビートルズが、ドンドン変になっている、と皆で話した。
評論家の評価は、良かったけれど。

歌詞が簡単なので、読めた。
Birthday greetings, bottle of wine?
64の誕生日にだけは、ワインも良いなとおもった。

しかしこの歌詞で、一番好きなのは、
Send me a postcard, drop me a line
ひとこと書いて、絵はがきでも送ってよ(という感じかな)。

それ以来、頂くことは少なくても、
できるだけ、絵はがきを出したものだ。
特に、外国からだすのは、楽しい。

受け取った人は、あまり喜んではいないらしいが、
送った本人は、大満足であった。
被害者は100人を超えているはず。


さてそのような、特別な日も、結構すんなり過ぎてしまい、
いつものようにバタバタとする毎日である。

ところが今日、意外な人から、思いもかけない贈り物が届いた。
「意外で思いがけない」、ということ自体が絶好の贈り物である。
心だけでも、ありがたく頂戴することにした。

もちろん、いただいた本は、大事に取っておきます。
感謝。
以上を持って、64の話は完了です。




from ponts comment(0)


2015.06.01  64

real の反対はと聞かれて、
私は、integerと答える。
なぜなら、64はbit数だから





西暦なら、東京オリンピックが
1964年。日本中が、
盛り上がった数字です。

ロクヨンと読めば、
正月に読んだ小説の題名で、昭和の終わりのこと。
本の後半はちょっとがっかりした。

64マスといえば、チェス。
81マスと比べると、
いかんともしがたいほどに狭い。

そうだ10数年前、「64はすごい!」
と話しているこども達に尋ねたら、
「そんなことも知らんとね」と言われた。

フランスの県番号だと、
Pyrénées Atlantiquesが、この番号
バスクの都市でもある。


from ponts comment(0)


2015.05.25  Happy Birthday!!!

笑顔の誕生日 笑顔の誕生日
5月23日が小林先生のお誕生日でしたが、
今年の誕生日は土曜日と当たったため、
お祝いを2日遅く行いました。

先生が秘書室でコーヒーを待っていたときに、水野君が先生を呼び出すと同時に長崎君は急いでろうそくに火をつけていました。

今年、先生は64歳になって、Beatlesの「When I am sixty four」を聞きたいとおっしゃいました。

先生のステキな笑顔を見て、みなさんも幸せです。
今年、学生たちはWhiteboardに先生の顔を描きました。似てる順番は顔の下にあります。ジャッジは幸香さんでした。

64歳のお誕生日おめでとうございます!

from ウイナー comment(0)


2015.05.22  基礎セミナー「白川の橋の特異点」

今回のBest1 今回のBest1
今週の基礎セミナーでは、第4回目課題の「白川の橋の特異点」の発表会がおこなわれました。

今回も投稿順に
@場所
A時間
Bすてきなポイント
について発表されました。
一人ひとりが前回よりも写真に対するこだわりが強くなっており、先生との議論も盛り上がっていました!!

そして、最後にはその場でBest3の投票がありました。
結果は・・・
 1位 上村 雅則さん
 2位 笠原 愛未さん
 3位 瀬口 尚英さん
となりました。
今回の課題ではこだわりが強い分どの写真にもそれぞれに魅力があり、全体的に票もばらけていました。
今回の課題を参考にした最終課題も楽しみです!!

from 中嶋陽 comment(0)


2015.05.19  歴史と空間 「ステキな通り」

ステキな通り ステキな通り
「歴史と空間」の第一回写真発表会です。いろいろな写真が集まり、楽しい講義でした。

毎年恒例ですが、歴史と空間では写真発表会があります。
受講している2年生が、自分が「ステキな通り」だと思った場所の写真を撮り、下記通りのことを発表します。
@場所
A時間
Bステキなポイント

先生は班ごとにベスト2を選んで、選ばれた学生が発表しました。

発表通して、今年の3つのキーワードを決定しました。
@色合い「緑と赤」
A人のにぎわい
B静か

今回の講義で勉強になったことは、土木を勉強している人たちにとって、写真を撮るときに、「こっちの緑をどうすればいいのか。」を考えながら、写真を撮ればよいことです。

今年は「緑」ではなく、「赤」が印象的でした。来年はこの授業の最後になるかもしれませんが、もっとステキな写真を見たいです。

全体として、ベスト3を決める日を楽しみにしています。


from ウイナー comment(0)


2015.05.19  CIM打合せ

春吉橋 春吉橋
九州地方整備局でCIMの打合せがありました.

交通量が多く,狭いヤード.
高圧管やガス管などの地下埋設物.
高架線もチラホラ.

複雑な現場だからこそ,CIMが力を発揮するはず.
CIM対策官も決まったので,実りあるものにしましょう.

飲むCIMで議論しながら.

from 藤田 陽一 comment(0)


▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事