空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2011.12.08   伝統の味「松風」

三百年の歴史!!
三百年の歴史!!

旭測量設計(株)の吉田史朗様より頂きました。
正観寺 丸宝の「松風」です

職人の手によって一つ一つ手作りで生み出されるこの和菓子は
日本一うすい和菓子と呼ばれ、創業 明治30年より伝統の味を守りぬいています。

その薄さからは想像できないようなサクサクとした食感、
ほんのりとした甘みと上品な香ばしさを堪能することができます。


研究室一同でおいしくいただきました。
吉田様、ありがとうございました。





2011.11.11   出来る男の必需品

出来る男
出来る男

株式会社構造計画研究所の大津開業25周年記念イベントにお招き頂き、こんなものまで頂きました。
お洒落なペンケースとハーバードビジネスレビュー。

このペンケースを使い、この本を読んでいると一見"出来る男風"に見えます。

『ハーバードビジネスレビュー12月号』に構造計画研究所CEO、服部正太様がシミュレーションの力でいかに失敗のリスクを避け、成功確率を上げるか、その留意点と有効性を説いています。

このような、節目となる記念イベントにお招き頂き誠にありがとうございました。

※25周年記念イベントについては、研究室の出来事に記載しておりますので、ご覧下さい。






2011.11.10   べにいもたると♪

沖縄からの贈り物
沖縄からの贈り物

内閣府沖縄総合事務局 次長 菊池良介様より頂きました。
ナンポー通商の「べにいもたると」です。

数種類のタルトを扱っているお店のようですが、中でも売れ筋の人気商品らしいです。
沖縄産紅芋のサッパリした甘さがなめらかなクリームに凝縮されており、口当たりの良いお菓子です。

甘党を筆頭に研究室一同、美味しく頂きました。

菊池様、ありがとうございました。




2011.11.10   長者饅頭

ほろり
ほろり

高田修様より、菊水堂の「長者饅頭」をいただきました。

高田修さんは、高田雪太郎さんの孫に当たります。
“高田雪太郎”といえば、2000年3月に小林先生の下で書かれた学位論文
「市川紀一:近代土木事業史に関する研究 高田雪太郎の生涯と業績」が
浮かびます。

市川さんの研究により、“高田雪太郎”という土木技術者が土木史に知れ渡り、
新たな史実の発見へとつながりました。
高田修さんは、そのときに資料提供等で多大なご協力をいただいた方です。

さて、長者饅頭ですが、第14回(昭和32年)の全国菓子大博覧会にて、
最高賞である名誉総裁賞を受賞した銘菓です。

口の中に入れるとほろりとくずれる焼饅頭で、
中には、ほのかにバニラ風味の香る餡が詰まっています。

菊水堂主人曰わく、長寿と弥栄の願いをこめてつくられた「長者饅頭」。
おいしくいただきました。

高田様、ありがとうございました。




2011.11.03   富山湾の幸おかき

さくさく
さくさく

株式會社オオバの白井芳樹様、富山県の松島吉信様が来熊され、
御菓蔵の「富山湾の幸おかき」をいただきました。

“北アルプスの清流がそそぎ込む富山湾の深海。
そこに生息する白えびとほたるいかの香味を、美味なかき餅に仕上げました。”

という触れ込みの通り、白えびやほたるいかが丁度よく香る
さくさくとしたおかきを美味しくいただきました。

やはり、日本伝統のお菓子、おかきは最高ですね。
皆で、おいしくいただきます。

白井様、松島様、熊本にはまだまだ良いところがあります。
またのご来熊をお待ちしております。




2011.10.27   玉屋茶菓聚

やはり中野は良いところです
やはり中野は良いところです

株式会社 構造計画研究所
CEO 服部正太様
人事総務部 熊本総務室 長野統一様から頂きました。

むさしの玉屋の玉屋茶菓聚です。

むさしの玉屋といえば記憶に新しいかと思います。
今回は、な、なんと、お菓子の詰め合わせです!

箱をあけると、前回大好評だった鍋横最中だけではなく、
色とりどりのお菓子でいっぱいでした。

見た目もとってもおいしそうです。
皆でおいしく頂きます。

服部様、長野様、ありがとうございました。




2011.10.24   中野の逸品 鍋横最中

中野は良いところです
中野は良いところです

株式会社 構造計画研究所から頂きました。
むさしの玉屋の鍋横最中です。

むさしの玉屋は、中野・鍋屋横丁に位置する、創業60年の歴史ある和菓子屋です。
この鍋横最中は、中野の逸品グランプリを受賞するほどの実力派。

鍋をモチーフにしたなんともユニークな形です。
蓋もついていて、あけると餡が入っていました。
こしあん、つぶあん、黒ごまあんの三つの味を楽しめます。

さくさくの最中と、きめ細かい餡が何とも甘すぎず
お茶受けにぴったりです!
皆でおいしく頂きます。

さらに、会社のパンフレットまで頂いております。
M1も就職活動を控えているため、今後の参考にいたします。

構造計画研究所の皆さま、ありがとうございました。






2011.10.07   こがね色のチーズスティック

上品なお味!
上品なお味!

NTTデータ北陸の柳原さん、鈴木さん、吉田さんよりいただきました。

石川県公認 加賀寿庵のこがね色のチーズスティックです。

その名のごとく、黄金色に輝くそのスティックからは上品なチーズの香りが・・・
口に入れると溶けるようにふわふわした触感に舌鼓を打ちました。

研究室一同おいしく頂きました。
柳原さん、鈴木さん、吉田さんありがとうございます。






2011.09.28   博多とおりもん

冷やしてもおいしい
冷やしてもおいしい

株式会社長大の石本さんより頂きました。

福岡と言えば明月堂の「博多通りもん」!
定番中の定番のお土産ですね。
一度は食べたことある方も多くいると思います。

11年連続でモンドセレクション金賞を受賞しております。

パッケージの上部に記載されている「西洋休日」
これは明治時代の流行語でもあったオランダ語の休日「ゾンターク[Zondag]」がなまって「どんたく」という博多弁になったみたいです。
そのため、どんたくは”西洋休日”として親しまれ、面白楽しく練り歩く人々で博多の街は大にぎわい。

毎日大にぎわいの小林研では、あっという間に無くなりそうですが、みんなで仲良く頂きます。
石本様ありがとうございました。




2011.09.27   たこせん



小林研OBでCMI(施工技術総合研究所)にお勤めの藤島様、椎葉様、また小林研にドクターとして在籍されている同研究所の竹本様より頂きました。

大阪道頓堀・たこ昌のたこの唐揚せんです。


原料に本物のたこをのせ、パリッと焼き上げたせんべいです。
封を開けるとせんべいの香ばしいただよってきました。
絶妙な味付けで思わずビールがほしくなってしまいます。


研究室一同で美味しく頂きます。
ありがとうございました。





▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事