空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2008.08.22  3D-CADの設計における利用と今後の展望

若い技術者のみなさんへ! 若い技術者のみなさんへ!
大阪の中央復建コンサルタンツにて小林先生が講演なされました。

約100名の熱意ある社員の方々がお集まりになるなか、TuCとはどのようなものかをまず話され、そのTuCは実務に応用可能であるかどうかについて意見交換が行われました。
その他にも、Autodeskの大浦さんと川崎さんから製品についての紹介があり、また、中央復建コンサルタンツからも、3D-CADを利用した事例について2件発表がありました。

全体を通して、三次元で設計を行うことの意義について考えさせられ、また、世の中がそのような傾向になるであろうことを実感することができたのではないかと思います。


from 坂口将人 


name

comment

▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事