空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2010.06.02   demi(半分) その1


何故だか忘れたが,最初に覚えたのは,「demiはビールのこと」であった.たしか,「普通のジョッキの半分」をカフェで軽く飲むための用語だと納得した.
30数年前,初めてフランスを旅行をしたとき昼間から「ドゥミ!」を連発した.いかにも旅慣れた注文の仕方に満足だった.ところが,2日後(1978年7月14日の夕方)小事件が起こる.革命記念日で人の溢れる街角のレストランで,肉料理を注文し,最後に「ドゥミ!」.しばらくして前菜と同時に赤ワインの半リットルのポットがでた.ビールがないので,お詫びにワイが来たのだろうと思っていた.フランスで初めて飲んだ安ワインに大満足し,支払いの時に尋ねると,「demiはワイン」とのこと.文脈を読まないといけない.肉料理注文して,「でお飲み物は」と聞かれたら,赤ワインしかない.ボーイが聞きたいのは銘柄のみ.そこでdemiなら,店の樽からポットに半リットル入れて来てとなる.あつものに懲りて,その後あまりdemiは使わないことにした.Pression de bierreとかイネカン(何か解る)といえば確実に飲みたいものは手にはいる.
さて,このdemiという単語はくせ者だ.
@半分
Aほとんどそれに近い
B不完全
くらいが,意味なので,それほど難しくはないようだが,@だけでもややこしい.通常は半リットルとなると500mlだが,たとえば,demi-bouteille(壜半分)は,辞書には,37clと明示されている.壜といえばその倍の75clが普通なので,日本語では,demiといえば,小壜ということになる.
ちなみに,日本ではclはほとんど使わない.370ml,750mlだが,彼らは,常に2桁で表すので,単位の方が融通無碍に変化していく.
 さて,いよいよdemiの恐ろしさの第一弾.ビールのdemiは当然37clもない.基本は,25clである.何故でしょうか.
あれ,レストランの赤ワイン半分も何の半分だろうか?
@だけでも大変.
【余談】8分の1はどういうか.huitièmeが正しいのですが,
demi-quart(4分の一の半分)というのを聞いたことがあります.
あれは,どういうコトだろうか.


from ponts 

name

comment

▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事