空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2010.06.03   demi(半分) その3 + Tous au restaurant


デミグラスのglaceは氷なのですが,あのソースと氷がどう関係しているのでしょうか.さて,glaceには,大まかに4つの使い方がありそうです.

@氷(字の通り)
A鏡(見た目のイメージかな)
B濃縮汁(状態の比喩のように思います)
C粉砂糖(見た目の形容でしょうね)

解って来ましたか.
アイスは@で,ベルサイユ宮殿の鏡の間(Galerie des Glaces)は「氷りだらけの回廊」ではなく,Aの用法です.もちろんマロン・グラッセはCです.そして,肉のグラス(glace de viande)といえば,Bということになります.魚もグラスすると思います.
 料理もフランス語も素人なので,このコーナーほとんど,「と思います」の連発になりそうでが,いよいよ,demi-glaceにたどり着きましたが,「ほどよく煮詰めた」くらいが適訳なのでしょうか.ちなみに,demiには,「ほとんど」の意味もあり,demi-mort(半分死)は,「瀕死の」というのが,一番ピンときます.ただし,demi-vie(半分生)だと化学の半減期なので,正しく半分の命の意味ではあります.不完全といったニュアンスもありますが,・・・・キリがないのでdemiはここまで.
 先日ようやく,iTunesの設定が上手くいき,PodcastからTF1(フランスのNHKに当たるところ)のニュースが拾えて,iPhoneでそれを見ることができるようになった.Laurance Fや土日のおばさん(2人ともフランス人が大好きなタイプの女性キャスター)の声を,昨日は楽しく聞いていた(リクエストすれば見せてあげましょう).
 さて,ニュースによれば,今日からTous au restaurant が始まるらしい,最大 35Euroで,1週間限定で,誰にでも,本格料理を楽しんでもらうための企画らしい.番組でも,店側は「満席予約で嬉しい悲鳴」とのこと.フランス人のコトだから,普通料金になったら,行かないとは思いますが,当面この話題で盛り上がるのでしょうね.

from ponts 

name

comment

▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事