空間情報デザイン研究室
空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ

2011.05.17   御船川目鑑橋 その4

▲眼鏡橋のかけら と その大きさ
▲眼鏡橋のかけら と その大きさ

 看板の先には大量の石が積んでありました。
 石たちはフェンスに取り囲まれて、
 何か言いたそうに、ただじっとしています。

 そこには四角く綺麗に整形された石とぼこぼこといびつな形の石。
 なにが違うのかなぁと、眼鏡橋の写真を見ると一目瞭然。
 石橋のアーチ部分と壁の部分で形も大きさも違います。

 もっと石に近づくと「K669」と番号が白で書かれているのが見えました。
 850個の石が使われていたのですから、
 ここには少なくとも600個は残っているようです。

 石橋はただ石を積んでいるだけ。
 そう思うけれど、そんな簡単なことではありません。

 昔の石橋は石同士を繋ぎ合わせる為にセメントなどをつかっていないので、
 石同士が上手に力を伝え合わないと石が落ちてきたり、はみ出したりしてしまいます。

 そもそも石で橋をかけようと思うと、アーチは最も合理的な構造。
 石を一つ一つを綺麗に整形するのも施工を考えると、これまたとっても合理的。
 アーチ構造と石工さんの成形技術がうまくマッチした結果の無駄の無い構造と材料なのです。

 だから、きっと、形が美しい。

 橋が流されたときに復元話が何度となく持ち上がったのですが、
 石が足りないこと、図面がないこと、そして、一番にお金がかかること。
 いろんな事情で眼鏡橋は立ち上がれずに積まれたまま。

 「本物の構造の美しさ」はいくら言葉で語っても、目の前にモノがないと実感できない。
 新しい橋にはない何か、大事な何かがそこにはあります。

 石はいつか復元されることを夢見て、
 ずっと捨てられずにそこでじーっとしているだけ。
 これって、結構大事なことだと思います。

from おかだ さちこ 

name

comment

▲このページのトップへ
HomeBLOG研究室の出来事