空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ
HomeRESEARCH> 概要
研究概要
私たち空間情報デザイン研究室は、土木業界における情報化に関する研究と土木史研究を主なテーマとしています。情報化といっても大きく3つに分けられます。地形を三次元的に考え、空間の把握に生かす「地形解析」、空間情報を有効活用し、計画の支援を行う「空間マネジメント」、Web技術などを用いて建設プロセスでの効率化を図る「設計・施工支援」。また、過去の文献などから、土木の知見を現代の技術に生かす「土木史」。このように日本でも珍しい特色をもつ研究室です。自治体、企業などと共同研究していくことが多いため、現実性の高い研究を行っています。
地形解析 地形解析
地形解析
土木において、「地形」は全ての建設プロセスの基礎と言えます。しかし、二次元の地図を眺めるのでは、地形の形状を把握することは容易ではありません。測量で得られた三次元地形データ、地図の等高線データなどから、3D-CADを用いて地形を三次元的に表現します。
三次元で表現する目的は、地形や対象物を可視化するだけに留まりません。三次元データを用いることで、測量から計画、設計、施工、維持管理といった各作業フェーズ間の効率的なデータの運用を提言するものです。

キーワード:
景観検討、三次元地形表現、点群データ
地形解析 地形解析
地形解析
構造物だけでなく、地形全体を含む領域の空間情報を有効利用し、 建設、防災、都市計画など様々な土木業務において、計画全体を見通すためのツールを提案します。
これまでに、3D-CADを用いた3次元的な建設シミュレーション、詳細な地形データを用いた氾濫解析や避難シミュレーション、 効率的な維持管理を目的とした、Web-GISによる台帳システムの構築など、多岐に渡っています。

キーワード:
避難シミュレーション、建設シミュレーション、GIS、氾濫解析
地形解析 地形解析
地形解析
測量→計画→設計→施工という建設ライフサイクルにおいて、一貫した情報の運用と利用に関する研究を行っています。また、情報技術を利用した施工支援を実現することで、建設ライフサイクルにおける現状の問題点の改善を図ります。
トータルステーション(以下、TS)やレーザープロファイラ(以下、LP)などの測量機器、3D-CADなどの設計ソフト、Webを使った情報共有、VRやWeb3Dによるデータの可視化といった技術を用いて施工支援に関する提案を行っていきます。

キーワード:
施工支援、情報共有、Web、3D-CAD、TS、LSS、VR 、Web3D
地形解析 地形解析
地形解析
過去の土木に関する出来事や考え方を明らかにし、今後の土木を考えるための手がかりを探っていく研究分野、それが土木史です。人の役に立つ構造物、美しい構造物をつくっていくために、土木技術者にとって大切な教養であると言えます。
本研究室では、主に19世紀以降に日本やフランスで建設された土木構造物(橋梁、堰堤、砲台など)を対象とした歴史研究や土木遺産の保存・活用、解体調査などに取り組んでいます。

キーワード:
古構造物、土木遺産
▲このページのトップへ
HomeRESEARCH> 概要