空間情報デザイン研究室 小林一郎
ホーム コンタクト リンク サイトマップ
HomeRESEARCH> ICTプロジェクト
隧道
2013 福岡県
NAVIS+をベースに、計画・設計・施工・管理の4段階で、異なるモデルと使い分けることを提案。実際の現場での適用に向けて、計画・施工段階のモデルを作成し、次の段階に引き継ぐべきモデルと属性データについて検討中。
白川
2013 熊本県熊本市
そもそも、河川に電子データの運用は必要か?という悩ましい問題がついて回るが、まずは、IW(Infra Works)をベースに地形と航空写真から白川のモデル空間を作成し、景観デザインはどこまでできるかを模索中。現在は設計データの施工への引き継ぎ、管理で利用可能な情報の選別についての議論をしている。
新水(撤去)

2012 熊本県熊本市
旧歩道橋は設置から長年が経過しており、建設当時の図面から3次元化することが困難であった。そこで写真計測技術を用いて再現することで、VR上で施工性の確認や交通規制のシミュレーションなど各種検討をおこなった。
新水(サイン)

2009-2012 熊本県熊本市
公共性の高い施工においては、すべての人を対象に、基本的な安全やわかりさすさを備えたデザイン、空間計画が大切である。利用開始後の利便性向上のため、VRを用いて利用者目線で協議をおこなった。
新水(施工)

2009-2010 熊本県熊本市
設計対象物及び周辺の構造物、架線や重機等のモデルを配置し、施工計画と対応した動きを検討することで、施工開始後に発見する課題を事前に把握した。
S駅地区設計検討

2007-2010 熊本県熊本市
新水前寺駅周辺は、幹線道路・JR・市電の交通結節点であるため、非常に制約条件の多い場所である。そのため、対象地のモデル空間を作成することで事業全体を再現し、設計案の照査をおこなった。
S駅地区設計検討
2007-2008 鹿児島県伊佐市
激特事業の一環として、曽木の滝付近に大規模な分水路が建設予定である。現況地形と分水路の設計案を3D-CADを用いて三次元化し、詳細設計の議論を進めている。
錦帯橋
2010- 山口県岩国市
20年ごとの錦帯橋全橋架替えに向けて、次世代の大工に技術を伝承することは非常に重要である。伝統的な伝承方法「口伝」を補助するツールとして、3D-CADの有用性を検討する。
九州デザインシャレット
九州デザインシャレット
2006 熊本県宇城市
対象地を含む広範囲の三次元モデルを作成し、現況把握を目的とした、海上・上空からの眺望をCGアニメーションで再現した。
芦北災害復旧
芦北災害復旧事業
2005-2006 熊本県葦北郡
TSを用いた情報化出来形検査システムと、Web-GISを用いた河川台帳システムを構築し、実証実験を行った。
水俣災害復旧
水俣災害復旧事業
2004-2006 熊本県水俣市
災害復旧事業において、発注者の業務支援を目的としたWeb-GISシステムの構築、また、三次元地形データを利用した住民説明用CGを作成した。
感田土地区画整備
感田土地区画整備事業
2003-2004 福岡県直方市
大規模造成工事において、Web-GISと4D-VRを用いた施工管理業務を支援するシステムを構築した。主に、情報の共有・管理、工程管理を支援することを目的とした。
矢部線
矢部線建設事業
2003 熊本県上益城郡
調査計画段階において、景観検討箇所を選定するために、3D−CADを用いて3次元モデルを作成した。また、走行シミュレーションを行い、ドライバーの視点による選定を行った。
八ヶ川
八ヶ川樋門工事
2002-2003 福井県福井市
4D-VRを用いた意見集約型工程計画システムを構築し、施工シミュレーションを行った。また、4D-VR、4D-Engineの有効性を検討した。
加久籐トンネル
2000-2004 宮崎県えびの市
九州自動車道の熊本ー宮崎間に位置する長大トンネルである。トンネルの坑門デザインについて、CGアニメーションを用いてドライバーの視点からの検討を行った。
Dダム
Dダム建設事業
1999-2001 滋賀県大津市
重力式ダム建設計画の施工検討段階において、多元的地形表現を適用したCGアニメーションを用いて、施工法の検討、関係者間の合意形成を図った。
佐敷大橋
佐敷大橋建設事業
1998-1999 熊本県葦北郡
CG-CICCを構築し、CGデータとその他の工事関係データを、遠隔地の関係者間で共有する擬似的な環境を本格的に再現した。
田島ダム
1996-1998 福島県南会津郡
高野川総合開発の一環の多目的ダムである。各工程計画をVMにより可視化することで、施工手順・方法の把握を容易にした。
大阪臨海地区
大阪臨海地区再開発計画
1996-1998 大阪府大阪市
大規模レジャー施設の建設に伴う周辺工業地帯の再開発計画。RTA(リアルタイムアニメーション)を企画・設計段階における施工計画へ適用した。
浜手バイパス
浜手バイパス復旧工事
1995-1996 兵庫県神戸市
阪神大震災による災害復旧工事。撤去・復旧作業における施工手順の検討を目的とした、施工管理用CGアニメーションを作成した。
▲このページのトップへ
HomeRESEARCH> 活動